鉛フリー/RoHSに関するお知らせおよび注文について

2006年3月27日

お客様各位

鉛フリー製品への移行、および有鉛製品の入手について

RoHS準拠の電子システムを出荷するための期限は2006年7月1日です。マキシムでは、この変更に備え、大半の製品を錫(Sn)メッキ仕上げの鉛フ リー、すなわちRoHS準拠パッケージに移行しています。また、過去20年以上供給してきた有鉛(Pb/Sn)メッキ仕上げの製品につきましても、引き続 き提供を継続いたします。

マキシム製品の型番およびマーキングに変更はありませんが、参考としてここに記載します。有鉛製品には新しい注文の手順が適用されています。

RoHS対応の有無

Pb (鉛)フリーおよびRoHS準拠の製品にはパッケージコードに「+」が付いています(例:U24+1)。

RoHS指令適用除外用途の鉛が含まれている製品にはパッケージコードに「#」が付いています(例:IB#ACC)。

鉛フリーまたはRoHS準拠ではない製品にはパッケージコードに「-」が付いています(例:L4877F-2)。

マキシムのパッケージコードの見方:
マキシムのオーダー情報のウェブページをご利用ください。検索ボックスに型番を入力して検索してください。「型番検索の結果」下に出てきた型番を選択して ください。「オーダー情報」タブを選んで、「パッケージ:タイプ ピン数 実装面積 図面 コード/バリエーション*」列のパッケージコードをご覧ください。

型番 パッケージ:
タイプ ピン数 実装面積
図面 コード/バリエーション*
MAX8819AETI+ TQFN; 28 pin; 16.8 mm2
図面: 21-0139 (PDF)
ランドパターン: 90-0035 (PDF)
使用パッケージコード/バリエーション: T2844+1*

製品のマーキング

1番ピンのマーキングは、スペースに余裕のある場合下記が記されます:

  • 鉛フリー/RoHS製品には「+」があります。
  • 鉛フリー要件が免除されているRoHS準拠製品には「#」があります。
  • 有鉛、非RoHS準拠製品には「.」があります。

ラベルは中間容器(チューブまたはリール)にもあり、JEDECラベル規格JESD97に基づいて製品が鉛フリーであるかRoHS準拠であるかを示します。

在庫について

マキシムは引き続き、有鉛、RoHS準拠、および鉛フリー製品の注文を受け付けます。2006年6月1日付けで、有鉛製品の注文についてはすべて、キャンセル不可および返却不可(NCNR)が必須となります。有鉛品の在庫状況によっては、数に制限が発生する場合もあります。お客様には大変なご不便をおかけしますが、ご理解いただけるようお願い申し上げます。

リードタイム

現在頂いている注文の大部分は鉛フリー製品です。したがって、今後の有鉛製品については受注してからのパッケージングとなるため、鉛フリー製品に比べ約3~4週間ほど納入までの時間が長くかかることがあります。

以上の手順について質問がございましたら、マキシムジャパンの営業(直販のみ)、または販売代理店へお問い合わせください。


マキシム・インテグレーテッド