鉛フリー/RoHSについてよく聞かれる質問(FAQ)

鉛フリーに関する質問

マキシムの鉛フリー(Pbフリー)の定義を教えてください。
マキシムの鉛フリー素材とは何ですか。
パッケージタイプが鉛フリーとして認定されている場合は、そのパッケージタイプのすべての製品が鉛フリーで納品されるということですか。
どのような有鉛製品がすでに鉛フリーに変更されていますか。
鉛フリーとして認定されていないパッケージタイプで、鉛フリーの製品を入手することは可能ですか。
今後も鉛フリーとして提供されないパッケージタイプはありますか。
鉛フリー製品ではコストアップ/ダウンはありますか。
鉛フリーパッケージの認定にはどのくらいの時間がかかりますか。
鉛フリー品で使用されるダイサイズおよび機能に変更はありますか。

リフロー耐湿性レベル(MSL)

鉛フリーパッケージに収められた表面実装デバイスのリフロー耐湿性レベル(MSL)はどのくらいですか。

鉛フリーパッケージのマーキング

マキシムの鉛フリースキームを教えてください。
鉛フリー品は物理的にどのように識別することができますか、またはどのようにマーキングされていますか。
RoHS準拠品で鉛の適用除外対象となっている製品は、どのように識別するのでしょうか。

ピークリフロー温度およびプロファイル

マキシムのピークリフロー温度は何度ですか。
何度のリフロープロセス温度に対して鉛フリーおよびRoHS準拠パッケージは認定されますか。
マキシムの認定時に使用する標準の鉛フリーピークリフロー温度は何度ですか。
マキシム標準認定の錫/鉛(共晶半田)のピークリフロー温度は何度ですか。
標準のPbフリーまたは共晶の認定試験用リフロープロファイルに例外の製品またはパッケージはありますか。そのような製品をどのように決定し、またそれぞれに対して使用するプロファイルはどのように異なりますか。
モジュールのウェーブソルダリング制限とは何ですか。

有鉛製品に関する質問

マキシムは有鉛品を引き続き提供していきますか。
マキシムの有鉛品の材料は何ですか。

EU RoHS

マキシムの鉛フリー認定品は、Directive 2002/95/ECに従い、特定有害物質使用制限指令(RoHS)および欧州経済共同体(EEC)の指針を満たしていますか。

ISO 14001

マキシムはISO14001認証を取得済みですか。

一般情報

鉛フリー品では、どのような半田ペーストがあり、最大温度260℃の基板リフローが可能ですか。
基板リフロー時に、マキシムの標準リフロー温度範囲を、鉛フリー品と有鉛品の間で混合可能ですか。この場合のリフロー温度は何度ですか。
半田合金の融解範囲、その純粋成分は何ですか。
100%のマット錫メッキに使用可能なメッキ液のタイプは何ですか。
マキシムの製品でモールド樹脂からハロゲンを取り除く予定はありますか。
なぜEMMIで報告される重量は実際の重量と異なるのですか。
なぜ、製品重量は、物質重量の合計に等しくならないのですか。

計算方法

化学レベルppmはどのように計算されますか。
構成物質の化学レベル%を重量から計算するにはどのようにしますか。

錫ウィスカ

錫ウィスカは試験済みですか。実施した認定試験について説明してください。
錫ウィスカの合格基準は何ですか。錫ウィスカの識別方法は何ですか。
どのような錫ウィスカの標準的なモニタおよびアセンブリプロセス管理を実施していますか。

製品成分(データ)情報

パッケージおよび成分情報は、型番毎に入手可能です。この情報を見るには、鉛フリー/RoHS製品および成分データの検索をご覧ください。

認定および試験

なぜマキシムの100%マット錫メッキを使用したパッケージおよびアセンブリプロセス技術を(鉛フリー化の際に)認定評価する必要性があるのでしょうか。
100%のマット錫のパッケージおよびメッキの信頼性を評価するために重要かつ推奨される信頼性試験にはどのようなものがありますか。
100%のマット錫の標準半田付け性試験はありますか。半田試験前のスチームエージングの条件は何ですか。
マキシムのグリーン定義を教えてください。