温度センサー

温度センサーは物体またはその環境の温度を検出し、測定値を電気信号に変換します。一般的な温度センサーのタイプには、熱電対、測温抵抗体(RTD)、サーミスタ、ローカル温度センサーIC、およびリモートサーマルダイオード温度センサーICがあります。熱電対、RTD、サーミスタは、温度によって電気的特性が予測どおりに変化する検出素子です。ローカル温度センサーICは、チップ上のトランジスタの物理的特性を検出素子として利用します。医療グレードの温度センサーは、精度に関するASTM E1112の臨床温度測定仕様を満たします。リモートサーマルダイオード温度センサーは、外部バイポーラトランジスタを検出素子として使用し、1つまたはそれ以上の外部トランジスタを使用する温度測定に必要なすべての信号調整回路を内蔵しています。

マキシムのシリコンベースの温度センサーICの広範なセレクションは、医療、産業、データセンター、モバイルを含む各種のアプリケーションに対応します。温度センサー以外に、マキシムはファンコントローラおよびサーモスタットICを提供しています。マキシムのファンコントローラICはシステム冷却アプリケーションでファン速度の監視と制御を行います。マキシムのサーモスタットICは温度を測定し、温度ベースの監視および制御アプリケーション用のパワースイッチ出力を提供します。その他に、以下のような業界をリードする特長があります。

  • 温度センサー:最大±0.5℃の精度
  • ファンコントローラ:温度検出、電圧監視、およびGPIO
  • リモート温度センサー:最大7チャネル
  • 医療グレード温度センサー:±0.1℃精度

温度センサーのパラメトリック検索 

参照:
センサーおよびフィールド計測器ソリューション ›
RTDおよび熱電対インタフェースIC ›




温度センサーの開発ボード


医療グレード体温センサー用の評価キット

MAX30205EVSYS

USB-I2Cコントローラおよび GUIプログラムの内蔵によって評価を簡素化します。

詳細はこちら ›

線形化内蔵、高精度熱電対-デジタルコンバータの評価システム

MAX31856EVSYS

MAX31856PMB1ペリフェラルモジュール、ソフトウェア内蔵の通信用アダプタボード、およびKタイプ熱電対が含まれています。

詳細はこちら ›

WLPパッケージに封止された±2℃精度の低電力I2C温度センサーの評価キット

MAX31875EVKIT

内蔵のマスターICによるI2C上の通信を提供するGUIが含まれています。

詳細はこちら ›


温度センサーのデザインリソース


アプリケーションノート

チュートリアル

ブログ

お客様の声

デザインソリューション

ビデオ


温度センサーの注目製品


高精度熱電対-デジタルコンバータ、リニアライゼーション内蔵

MAX31856

自動冷接点補償とリニアライゼーション補正によって熱電対の設計を簡素化します。

詳細はこちら ›

WLPパッケージの低電力I2C温度センサー

MAX31875

±2℃の精度とI2C/SMBusインタフェースを備えたローカル温度センサーです。

詳細はこちら ›

体温センサー

MAX30205

医療グレードの温度センサーは、体温計アプリケーション用に±0.1℃の精度を提供します。

詳細はこちら ›