先頭に戻る

MAXM86161の評価システム

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAXM86161の評価システム Jul 10, 2019
ユーザーガイド MAX32664 User Guide

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • MAXM86161センサーの性能評価:SN比、暗電流、ノイズなど
  • マキシムのアルゴリズムの性能評価:電力最適化、心拍数(HR)、SpO2 (末梢毛細血管酸素飽和度)など(ボード上のMAX32664GWEC+生体センサーハブマイクロコントローラを使用)
  • MAXM86161のアーキテクチャおよびソリューションの方式に対する理解を促進
  • リアルタイム監視およびデータロギング機能
  • ボード上に加速度計を実装
  • Bluetooth LEによってワイヤレスデータ収集が可能

アプリケーション/用途

  • HRVの継続的監視
  • モバイルアプリケーション用の小型パッケージ
  • 光心拍数
  • インイヤーアプリケーション用に最適化
  • 以下の検出用に最適化された性能:
  • 酸素飽和度(SpO2)

説明

MAXM86161EVSYS#評価システム(EVシステム)は、人体のさまざまな部位のアプリケーション(特にインイヤーおよびモバイルアプリケーション)用の集積型光モジュールのMAXM86161の迅速な評価を可能にします。MAXM86161デバイスは、標準I2C対応インタフェースを使用してボード上に搭載されたマキシムのMAX32664生体センサーハブマイクロコントローラ(マキシムのアルゴリズム評価に使用)と通信するか、またはパススルーモードで生のデータを収集することができます。MAXM86161デバイスは、個別に制御可能な3つの光読取りチャネル(緑色、赤色、およびIR)で構成されます。このEVシステムは柔軟な構成が可能で、センサーのさまざまな機能をテストすることができます。さらに、このEVシステムはMAXM86161デバイスの設定と使用の方法を迅速に学習するために役立ちます。

主EVシステムは、3つの回路基板アセンブリ(MAXSensorBLE_EVKIT、MAXM86161OSBFLEX、およびCypress CY5677ドングル)、1つのUSB-C-USB-Aコネクタケーブル、およびリチウムポリマーバッテリで構成されます。さらに、2つの設定可能な回路基板(MAXM86161_MAX32630_PRGMR_ASSY、MAXREFDES100HDK)および1つのUSB-B Micro-USB-A Male USBケーブルが提供され、必要に応じてファームウェアのアップグレードに使用することができます。

このEVシステムはUSB-C電源またはLiPoバッテリを使用して給電可能で、14ピンOLGAパッケージのMAXM86161EFD+デバイスが実装されています。

MAXM86161OSBFLEXフレキシブル-リジッド回路基板にはマキシムのMAX32664生体センサーハブマイクロコントローラデバイスが実装されています。このセンサーハブを使用してマキシムのHR/SpO2アルゴリズムを実装し、評価を行うことが可能です。MAXM86161EVSYS#およびMAX32664センサーハブの両方の評価を可能にするMAXM86161 GUI PCアプリケーションコードは、MAXM86161EVSYS# EVシステムの設計リソースタブで提供されます。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAXM86161の評価システム Jul 10, 2019
ユーザーガイド MAX32664 User Guide

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。