生体電位センサーIC

完全なECGおよび生体インピーダンス記録用の高集積AFEソリューション

生体電位センサーICは、心電図(ECG)波形、心拍数/ペースメーカーエッジ検出、および生体インピーダンス(BioZ)の測定値を提供し、医療グレードの精度(IEC 60601-2-47)を備えています。

マキシムの生体電位センサーは、完全なECGおよびBioZ記録用の高集積アナログフロントエンド(AFE)ソリューションを提供し、消費電力は最小です。標準的アプリケーションとして、心疾患監視、心拍数監視、不整脈検出、ストレステストアプリケーション、および呼吸監視などがあります。ウェハレベルパッケージ(WLP)は、医療用パッチ、腕時計型機器、およびチェストストラップ心拍数モニタなどのウェアラブルアプリケーションの小型形状に対応します。

以下のような主な特長があります。

  • 低電力動作によって継続的監視を実現
  • ECG、生体インピーダンス、PACE検出、およびR-Rアルゴリズム内蔵
  • 小型ソリューション、ピンコンパチブルパッケージ
  • 医療グレードの測定(IEC60601-2-47に適合)

生体電位センサーICの注目製品


超低電力生体電位AFE

MAX30003

ウェアラブルアプリケーション用に、ECG波形および心拍数検出アルゴリズムを提供します。

詳細はこちら ›

超低電力生体電位心拍数検出AFE

MAX30004

ウェアラブルアプリケーション(特にチェストストラップおよびパッチ)用に、心拍数検出用のR-Rインターバルを提供します。

詳細はこちら ›

ページのトップへ戻る |

生体電位センサーICのデザインリソース


チュートリアル

ブログ

デザインソリューション

ユーザーガイド

ビデオ

ページのトップへ戻る |