先頭に戻る

単一電源集積型光モジュール、HRおよびSpO2測定用

低電力集積型インイヤー心拍数モニタ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Bio-Sensors
Integrated LEDs Green
IR
Red
ISUPPLY (µA) (typ) 10
Shutdown Mode Supply Current (µA) (typ) 1.6
VSUPPLY (V) (min) 3
VSUPPLY (V) (max) 5
Resolution (bits) (ADC) 19
SNR (dB) 102
Oper. Temp. (°C) 0 to +70
Package/Pins OLGA/14
Budgetary
Price (See Notes)
4.46
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Bio-Sensors
Integrated LEDs Green
IR
Red
ISUPPLY (µA) (typ) 10
Shutdown Mode Supply Current (µA) (typ) 1.6
VSUPPLY (V) (min) 3
VSUPPLY (V) (max) 5
Resolution (bits) (ADC) 19
SNR (dB) 102
Oper. Temp. (°C) 0 to +70
Package/Pins OLGA/14
Budgetary
Price (See Notes)
4.46

主な特長

  • 完全なシングルチャネル光データ収集システム
  • 内蔵アルゴリズムによって高速環境光過渡の除去をさらに強化
  • 反射型心拍数およびSpO2監視用に最適化されたアーキテクチャ
  • 低暗電流ノイズ:50pA RMS以下(サンプル間偏差)
  • 複数のサンプルモードおよびチップ内平均化によって実効暗電流ノイズの低減を達成
  • 高分解能19ビット電荷積分ADC
  • 3つの低ノイズ、8ビットLED電流DAC
  • 優れたダイナミックレンジ:89dB以上(ホワイトカードループバックテスト、サンプル間偏差)
  • 優れた環境光範囲および除去機能
    • 環境光検出器電流:100µA以上
    • 環境光除去:70dB以上(120Hz)
  • 超低電力動作によってウェアラブル機器に対応
    • 低電力動作、光読取りチャネル:10µA以下(typ、25sps時)
    • 短い露出積分時間:14.8µs、29.4µs、58.7µs、117.3µs
    • 低シャットダウン電流:1.6µA (typ)
  • 超小型14ピンOLGAパッケージ(2.9mm × 4.3mm × 1.4mm)
  • 動作温度範囲:-40℃~+85℃

アプリケーション/用途

  • インイヤーアプリケーション用に最適化
  • モバイルアプリケーション用の小型パッケージ
  • 以下の検出用に最適化された性能:
  • HRVの継続的監視
  • 光心拍数
  • 酸素飽和度(SpO2)

説明

MAXM86161は、超低電力、完全集積、光データ収集システムです。トランスミッタ側では、MAXM86161は3つの設定可能な大電流LEDドライバを備えています。レシーバ側では、MAXM86161は高効率PINフォトダイオードおよび光読取りチャネルで構成されます。光読取りは19ビットADC、業界トップクラスの環境光除去(ALC)回路、およびピケットフェンス検出/置換アルゴリズムを内蔵した低ノイズ信号調整アナログフロントエンド(AFE)を備えています。低消費電力、小型サイズ、使用の容易さ/柔軟性、および業界トップクラスの環境光除去機能によって、MAXM86161は心拍数検出およびパルス酸素濃度測定などの多様な光検出アプリケーションに最適です。

MAXM86161は3.0V~5.5VのVLED単一電源電圧で動作します。このデバイスは標準対応インタフェースおよび完全自律動作に対応します。各デバイスは大容量128ワードFIFOを内蔵しています。MAXM86161は小型14ピンOLGAパッケージ(2.9mm × 4.3mm × 1.4mm)で提供されます。

簡易ブロック図

MAXM86161:簡易ブロックダイアグラム MAXM86161:簡易ブロックダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。