先頭に戻る

完全な光バイオセンシングモジュール、超低電力生体センサーハブ内蔵

心拍数(HR)とパルス血中酸素飽和度(SpO2)の同時測定に対応

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Bio-Sensors
Integrated LEDs Integrated PDs
VSUPPLY (V) (min) 1.7
VSUPPLY (V) (max) 2
Resolution (bits) (ADC) 19
SNR (dB) 102
Oper. Temp. (°C) 0 to +70
Package/Pins OLGA/38
Budgetary
Price (See Notes)
0
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Bio-Sensors
Integrated LEDs Integrated PDs
VSUPPLY (V) (min) 1.7
VSUPPLY (V) (max) 2
Resolution (bits) (ADC) 19
SNR (dB) 102
Oper. Temp. (°C) 0 to +70
Package/Pins OLGA/38
Budgetary
Price (See Notes)
0

主な特長

  • 完全な生体センサーハブ
    • 手首ベースのパルス心拍数(WHRM)とパルス血中酸素飽和度(WSpO2)の同時測定に対応
    • デュアルチャネル光AFEのMAX86141内蔵
    • Arm® Cortex®-M4ベースMCUのMAX32664C内蔵
    • 2つの3.8mm2 PINフォトダイオード内蔵
      • 個別の動作が可能(2チャネル)
      • 組み合わせて7.6mm2の総受光面積を提供することも可能で、柔軟性が向上
    • 優れたSN比によって広範囲のユーザーの測定が可能
      • ダイナミックレンジ:90dB以上(ホワイトカードループバックテスト、サンプル間偏差)
      • 複数のサンプルモードおよびチップ内平均化によってダイナミックレンジを104dB以上(SpO2)および110dB以上(HRM)に拡張可能
    • 便利なソリューションによって市場投入までの時間を短縮
    • 超小型38ピンOLGAパッケージ(4.5mm × 4.1mm × 0.88mm)
  • ウェアラブルアプリケーション用の世界トップクラスのアルゴリズム
    • 複数の加速度計オプションの対応によってモーションアーチファクトの堅牢な検出および除去が可能
    • 生データと処理済みデータの両方を提供
    • FIFOによって最小限のホストの介入を提供
    • 超低電力によって生体ウェアラブル機器に対応
      • AFE消費電流:わずか10µA (typ、25sps時)
      • MCUはディープスリープモードに対応し、測定と測定の間での機器のスリープが可能
      • 自動露出制御(AEC)アルゴリズムによって光AFEの設定を調整し、SN比を最大化するとともに消費電力を最小化

アプリケーション/用途

  • フィットネスおよびウェルネス用ウェアラブル機器
  • 手首、指、およびその他の部位用に最適化
  • 以下の検出に最適化された性能:パルス心拍数(HR)および動脈血酸素飽和度(SpO2)

説明

MAXM86146は、世界最小の高集積、光データ収集システムです。このデバイスは、マキシムのクラス最高の光バイオセンシングアナログフロントエンド(AFE)と強力なArm®マイクロコントローラユニット(MCU)および2つの高感度フォトダイオードを組み合わせています。

内蔵MCUは超低電力マイクロコントローラで、バッテリ動作機器およびワイヤレスセンサー専用に設計されています。このデバイスは、1.8V単一電源で動作する柔軟で汎用的なパワーマネージメントユニットを組み合わせています。このデバイスはI2C通信プロトコルに対応し、最新のファームウェアや、パルス心拍数(HR)、パルス血中酸素飽和度(SpO2)などのウェアラブルアプリケーション用の世界トップクラスのアルゴリズムを容易にプログラムすることができます。内蔵アルゴリズムは光AFEの設定を調整し、SN比を最大化するとともに活動の分類に基づいて消費電力を最小限に抑えます。

光AFEは2つの低ノイズ光読取りチャネルを備えています。両方のチャネルは個別の19ビットADCおよび業界トップクラスの環境光除去(ALC)回路を備え、多くの使用状況で比類ない環境光除去を実現します。光AFEは3つの高電流、低ノイズLEDドライバを内蔵し、1.8Vの主電源電圧と柔軟なLEDドライバ電源電圧で動作します。

外付けLEDと加速度計(必須)の追加で完全なシステムが実現し、市場投入までの時間が短縮され設計が簡素になります。この構成はお客様が希望するチップ上の処理をシームレスに実現し、エンベデッドアルゴリズムを備えた高集積センサーハブが完成します。

MAXM86146は小型38ピンOLGAパッケージ(4.5mm × 4.1mm × 0.88mm)で提供され、0℃~+70℃の商用温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

MAXM86146:簡易ブロックダイアグラム MAXM86146:簡易ブロックダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。