先頭に戻る

デュアルリモート/ローカル温度センサおよび4チャネル電圧モニタ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Temperature Sensors
Sensor Type Remote
# Channels Two
Interface 2-Wire/I2C/SMBus
Alarm Output Alert
Overt
Functions Remote & Local Sensor
Voltage Monitor
Accuracy (±°C) 1
Parasite Pwr. No
Temp. Thresh. Programmable
Temp. Resolution (bits) 11
Oper. Temp. (°C) -55 to +125
Package/Pins QSOP/16
Budgetary
Price (See Notes)
3.35
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Temperature Sensors
Sensor Type Remote
# Channels Two
Interface 2-Wire/I2C/SMBus
Alarm Output Alert
Overt
Functions Remote & Local Sensor
Voltage Monitor
Accuracy (±°C) 1
Parasite Pwr. No
Temp. Thresh. Programmable
Temp. Resolution (bits) 11
Oper. Temp. (°C) -55 to +125
Package/Pins QSOP/16
Budgetary
Price (See Notes)
3.35

主な特長

  • 3つの温度チャネル
    • 2つのリモートPNジャンクション
    • 1つのローカルセンサ
  • 4つの電圧チャネル
    • +12V、+5V、+3.3V、+2.5V
    • 3つの外部モニタ
    • 1つの内部電源モニタ
  • 分解能:0.125℃ (11ビット)
  • 高精度:±1℃ (+60℃~+100℃時)
  • プログラマブル上限/下限スレッショルドアラーム
  • プログラマブル節電モード
  • キャリブレーション不要
  • SMBus/I²C対応のインタフェース
  • ファン制御およびシステムシャットダウン用アクティブローOVERT出力

アプリケーション/用途

  • 通信システム
  • コンピュータ:デスクトップ、ワークステーション、サーバ
  • ノートブックコンピュータ
  • サーバ
  • 小型軽量クライアント
  • ワークステーション

説明

MAX6655/MAX6656は、高精度の電圧および温度モニタです。ディジタルサーモメータは、2個のリモートセンサとサーモメータ自身のチップ温度を測定します。リモートセンサは、ダイオード接続トランジスタ(通常、低コストで取付けが容易な2N3906 PNPタイプ)で、従来のサーミスタや熱電対に置き換わるものです。リモート精度としては、キャリブレーションなしで複数メーカのトランジスタに対して±1℃です。また、リモートチャネルは、コレクタ接地でかつそのベースとエミッタが温度検出用のサブストレート接続PNPジャンクションを内蔵したマイクロプロセッサなど、他のICのチップ温度を測定することもできます。温度は、11ビット分解能でディジタル化されます。

MAX6655/MAX6656は、これらデバイス自身の電源電圧および3つの外部電圧を8ビット分解能で測定します。各電圧入力の感度は、入力電圧がその公称値である場合、ほぼ3/4スケール出力コードとなるように設定されます。MAX6655は+5Vの電源で動作し、その2番目の電圧モニタは3.3Vです。MAX6656は+3.3Vの電源で動作し、その2番目の電圧モニタは5Vです。

2線式シリアルインタフェースは、標準SMBus™のWriteバイト、Readバイト、Sendバイト、およびReceiveバイトの各コマンドを受け入れて、アラームスレッショルドをプログラムしデータを読み取ります。また、MAX6655/MAX6656は、SMBus警報応答とタイムアウト機能も備えています。これらのデバイスは、プログラマブルな変換速度で自動的かつ自立的に測定を行います。変換速度が可変であるため、ユーザは消費電流を制御することができます。

SMBusアクティブローALERT出力以外に、MAX6655/MAX6656はアクティブローOVERT出力を備えており、これは、温度が最高温度制限値を超えている間のみアクティブな状態を保持する温度リセットとして使用されます。アクティブローOVERT出力は、ファン制御やシステムシャットダウンに最適です。

簡易ブロック図

MAX6655、MAX6656:標準アプリケーション回路 MAX6655、MAX6656:標準アプリケーション回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。