先頭に戻る

±1℃、SMBus対応、温度過昇アラーム付き、リモート/ローカル温度センサ

過熱アラーム付き、業界最小の、±1℃、SMBus準拠リモート/ローカル温度センサ

製品の詳細

高精度2チャネルディジタル温度センサMAX6642は、チップ自身およびリモートPN接合の温度を高精度で測定し、2線シリアルインタフェースによってその温度データを通知します。リモートPN接合は、通常はCPU、ASIC、GPU、またはFPGAのチップ上のサブストレートPNPトランジスタです。リモートPN接合は、ディスクリートダイオード接続小信号トランジスタを使うこともできます。

2線シリアルインタフェースは、標準システムマネジメントバス(SMBus™)を使います。すなわち、温度データの読取りとアラームスレッショルドの設定のために、Write Byte、Read Byte、Send Byte、およびReceive Byteコマンドを使います。システムの信頼性を向上するため、MAX6642はSMBusのタイムアウトを装備しています。温度データフォーマットは、最下位ビット(LSB)が+0.25℃相当の10ビットです。ローカルまたはリモート温度過昇スレッショルドを超える温度で、アクティブローALERT出力がアサートされます。障害キューを使うと、2回連続の障害が検出されるまで、アクティブローALERT出力を抑えることができます。

温度測定は、自動またはシングルショットモードで行うことができます。

リモート測定の精度は、+60℃~+100℃で±1℃ (max)の誤差です。MAX6642は-40℃~+125℃で動作し、0℃~+150℃の範囲のリモート温度を測定します。MAX6642は、エクスポーズドパッド付き6ピンTDFNパッケージで提供されます。

主な機能

  • 内部温度センサーによって同時にデュアル温度(リモート/ローカル)を測定
    • リモート精度:±1℃
    • ローカル精度:±2℃ (+60℃~+100℃)
    • リモート温度測定:最高+150℃
    • 分解能:0.25℃
  • デュアルゾーン監視機能によって過熱アラームを自動化
    • 設定可能なリモート/ローカル温度スレッショルド
    • アクティブローALERT出力
  • 小型実装面積
    • エクスポーズドパッドを備えたTDFNパッケージ(3mm x 3mm)
    • 低熱質量によって測定遅延を低減
    • SMBus/I2Cアドレスをハードワイヤード

アプリケーション/用途

  • デスクトップコンピュータ
  • グラフィックカード
  • ノートブックコンピュータ
  • サーバ
  • 試験および測定機器
  • 小型軽量クライアント
  • ワークステーション
Parametric specs for Temperature Sensors
Sensor Type Remote
# Channels One
Interface 2-Wire/I2C/SMBus
Alarm Output Alert
Functions Remote & Local Sensor
Single Temperature Alarm
Accuracy (±°C) 1
Parasite Pwr. No
Temp. Thresh. Programmable
Temp. Resolution (bits) 10
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins TDFN/6
Budgetary
Price (See Notes)
$1.37 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX6642:標準動作回路 MAX6642:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

MAX6642の評価キット(EVキット)は、MAX6642が実装され組み立てられた試験済みのPCBです。このEVキットでは、温度センサのMAX6642を完全に評価することができます。MAX6642は、それ自身のダイ温度と1つの外付けダイオード接続トランジスタのジャンクション温度を監視します。その温度は、2線式シリアルバス経由でアクセスすることができる10ビットの2線式シリアルデータに変換されます。

MAX6642のEVキットでは、外付けのダイオード接続トランジスタ(2N3906)が基板に半田付けされており、取り外すこともできます。さらに基板は、システムの近傍にあるリモートダイオードにツイストペアケーブルで接続することができます。

MAX6642の評価システムは、マキシムコマンドモジュール(CMOD232)とMAX6642のEVキットから構成されます。CMOD232ボードは、コンピュータのRS-232シリアルポートに接続して、コンピュータ制御のSMBus™/I²Cバスを提供します。Windows® 95/98/2000/XP互換のソフトウェアが、MAX6642の機能を検証するための使いやすいインタフェースとなります。プログラムはメニューで操作され、コントロールボタンやステータス表示の付いたグラフィカルインタフェースを備えています。

PCベースでMAX6642の総合的評価を行う場合は、MAX6642EVCMOD2をお求めください。既にCMOD232 SMBusインタフェースをお持ちの場合は、MAX6642EVKITをお求めください。

詳細を見る

特長

  • MAX6642とリモートダイオードの温度を測定および表示
  • プログラマブル高温度アラーム
  • SMBus/I²C対応
  • メニューで操作する使いやすいソフトウェア
  • 完全実装および試験済み
  • Windows 95/98/2000/XP互換ソフトウェアおよびデモPCBを同梱

説明

MAX6642の評価キット(EVキット)は、MAX6642が実装され組み立てられた試験済みのPCBです。このEVキットでは、温度センサのMAX6642を完全に評価することができます。MAX6642は、それ自身のダイ温度と1つの外付けダイオード接続トランジスタのジャンクション温度を監視します。その温度は、2線式シリアルバス経由でアクセスすることができる10ビットの2線式シリアルデータに変換されます。

MAX6642のEVキットでは、外付けのダイオード接続トランジスタ(2N3906)が基板に半田付けされており、取り外すこともできます。さらに基板は、システムの近傍にあるリモートダイオードにツイストペアケーブルで接続することができます。

MAX6642の評価システムは、マキシムコマンドモジュール(CMOD232)とMAX6642のEVキットから構成されます。CMOD232ボードは、コンピュータのRS-232シリアルポートに接続して、コンピュータ制御のSMBus™/I²Cバスを提供します。Windows® 95/98/2000/XP互換のソフトウェアが、MAX6642の機能を検証するための使いやすいインタフェースとなります。プログラムはメニューで操作され、コントロールボタンやステータス表示の付いたグラフィカルインタフェースを備えています。

PCベースでMAX6642の総合的評価を行う場合は、MAX6642EVCMOD2をお求めください。既にCMOD232 SMBusインタフェースをお持ちの場合は、MAX6642EVKITをお求めください。

詳細を見る

特長

  • MAX6642とリモートダイオードの温度を測定および表示
  • プログラマブル高温度アラーム
  • SMBus/I²C対応
  • メニューで操作する使いやすいソフトウェア
  • 完全実装および試験済み
  • Windows 95/98/2000/XP互換ソフトウェアおよびデモPCBを同梱

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for Temperature Sensors
Sensor Type Remote
# Channels One
Interface 2-Wire/I2C/SMBus
Alarm Output Alert
Functions Remote & Local Sensor
Single Temperature Alarm
Accuracy (±°C) 1
Parasite Pwr. No
Temp. Thresh. Programmable
Temp. Resolution (bits) 10
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins TDFN/6
Budgetary
Price (See Notes)
$1.37 @1k

主な機能

  • 内部温度センサーによって同時にデュアル温度(リモート/ローカル)を測定
    • リモート精度:±1℃
    • ローカル精度:±2℃ (+60℃~+100℃)
    • リモート温度測定:最高+150℃
    • 分解能:0.25℃
  • デュアルゾーン監視機能によって過熱アラームを自動化
    • 設定可能なリモート/ローカル温度スレッショルド
    • アクティブローALERT出力
  • 小型実装面積
    • エクスポーズドパッドを備えたTDFNパッケージ(3mm x 3mm)
    • 低熱質量によって測定遅延を低減
    • SMBus/I2Cアドレスをハードワイヤード

アプリケーション/用途

  • デスクトップコンピュータ
  • グラフィックカード
  • ノートブックコンピュータ
  • サーバ
  • 試験および測定機器
  • 小型軽量クライアント
  • ワークステーション

説明

高精度2チャネルディジタル温度センサMAX6642は、チップ自身およびリモートPN接合の温度を高精度で測定し、2線シリアルインタフェースによってその温度データを通知します。リモートPN接合は、通常はCPU、ASIC、GPU、またはFPGAのチップ上のサブストレートPNPトランジスタです。リモートPN接合は、ディスクリートダイオード接続小信号トランジスタを使うこともできます。

2線シリアルインタフェースは、標準システムマネジメントバス(SMBus™)を使います。すなわち、温度データの読取りとアラームスレッショルドの設定のために、Write Byte、Read Byte、Send Byte、およびReceive Byteコマンドを使います。システムの信頼性を向上するため、MAX6642はSMBusのタイムアウトを装備しています。温度データフォーマットは、最下位ビット(LSB)が+0.25℃相当の10ビットです。ローカルまたはリモート温度過昇スレッショルドを超える温度で、アクティブローALERT出力がアサートされます。障害キューを使うと、2回連続の障害が検出されるまで、アクティブローALERT出力を抑えることができます。

温度測定は、自動またはシングルショットモードで行うことができます。

リモート測定の精度は、+60℃~+100℃で±1℃ (max)の誤差です。MAX6642は-40℃~+125℃で動作し、0℃~+150℃の範囲のリモート温度を測定します。MAX6642は、エクスポーズドパッド付き6ピンTDFNパッケージで提供されます。

簡略化されたブロック図

MAX6642:標準動作回路 MAX6642:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。