MAX6642

±1℃、SMBus対応、温度過昇アラーム付き、リモート/ローカル温度センサ

過熱アラーム付き、業界最小の、±1℃、SMBus準拠リモート/ローカル温度センサ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

高精度2チャネルディジタル温度センサMAX6642は、チップ自身およびリモートPN接合の温度を高精度で測定し、2線シリアルインタフェースによってその温度データを通知します。リモートPN接合は、通常はCPU、ASIC、GPU、またはFPGAのチップ上のサブストレートPNPトランジスタです。リモートPN接合は、ディスクリートダイオード接続小信号トランジスタを使うこともできます。

2線シリアルインタフェースは、標準システムマネジメントバス(SMBus™)を使います。すなわち、温度データの読取りとアラームスレッショルドの設定のために、Write Byte、Read Byte、Send Byte、およびReceive Byteコマンドを使います。システムの信頼性を向上するため、MAX6642はSMBusのタイムアウトを装備しています。温度データフォーマットは、最下位ビット(LSB)が+0.25℃相当の10ビットです。ローカルまたはリモート温度過昇スレッショルドを超える温度で、アクティブローALERT出力がアサートされます。障害キューを使うと、2回連続の障害が検出されるまで、アクティブローALERT出力を抑えることができます。

温度測定は、自動またはシングルショットモードで行うことができます。

リモート測定の精度は、+60℃~+100℃で±1℃ (max)の誤差です。MAX6642は-40℃~+125℃で動作し、0℃~+150℃の範囲のリモート温度を測定します。MAX6642は、エクスポーズドパッド付き6ピンTDFNパッケージで提供されます。
MAX6642:標準動作回路 MAX6642:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • 内部温度センサーによって同時にデュアル温度(リモート/ローカル)を測定
    • リモート精度:±1℃
    • ローカル精度:±2℃ (+60℃~+100℃)
    • リモート温度測定:最高+150℃
    • 分解能:0.25℃
  • デュアルゾーン監視機能によって過熱アラームを自動化
    • 設定可能なリモート/ローカル温度スレッショルド
    • アクティブローALERT出力
  • 小型実装面積
    • エクスポーズドパッドを備えたTDFNパッケージ(3mm x 3mm)
    • 低熱質量によって測定遅延を低減
    • SMBus/I2Cアドレスをハードワイヤード

アプリケーション/用途

  • デスクトップコンピュータ
  • グラフィックカード
  • ノートブックコンピュータ
  • サーバ
  • 試験および測定機器
  • 小型軽量クライアント
  • ワークステーション

Pricing Notes:
This pricing is BUDGETARY, for comparing similar parts. Prices are in U.S. dollars and subject to change. Quantity pricing may vary substantially and international prices may differ due to local duties, taxes, fees, and exchange rates. For volume-specific and version-specific prices and delivery, please see the price and availability page or contact an authorized distributor.

MAX6642EVCMOD2: MAX6642の評価システム/評価キット
MAX6642EVKIT: MAX6642の評価システム/評価キット

技術資料

アプリケーションノート 5727 Understanding Multidrop Address Assignments for Thermal Sensors
アプリケーションノート 5674 MAX5860/MAX5862 Thermal Model Considerations
アプリケーションノート 5673 MAX5860/MAX5862 Usage and Configuration Guide
アプリケーションノート 5550 MAX5880 Cable QAM Modulator and DUC Usage and Configuration Guide
チュートリアル 4699 センサー信号パスの概要
チュートリアル 4679 Thermal Management Handbook
アプリケーションノート 3641 サーマルダイオード温度センサをMAX6642に変更
アプリケーションノート 3229 システムの温度測定と保護に適した温度センサーの選び方
アプリケーションノート 3178 広範囲温度検出IC
アプリケーションノート 1057 Compensating for Ideality Factor and Series Resistance Differences between Thermal-Sense Diodes
製品の信頼性レポート: MAX6642.pdf 
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAXM86146
完全な光バイオセンシングモジュール、超低電力生体センサーハブ内蔵

  • 完全な生体センサーハブ
  • ウェアラブルアプリケーション用の世界トップクラスのアルゴリズム

MAX31889
±0.25℃精度I2C温度センサー

  • 高精度および高確度
  • 長いバッテリ寿命
  • 小型サイズ

MAX31825
1-Wire®温度センサー、±1℃精度

  • 通信に1つのポートピンのみを必要とする1-Wireインタフェース
  • ボード上のROMに保存された固有の64ビットシリアルコード
  • 外付け抵抗によって位置識別用のアドレスを選択

種類 ID タイトル
アプリケーションノート 5727 Understanding Multidrop Address Assignments for Thermal Sensors
アプリケーションノート 5674 MAX5860/MAX5862 Thermal Model Considerations
アプリケーションノート 5673 MAX5860/MAX5862 Usage and Configuration Guide
アプリケーションノート 5550 MAX5880 Cable QAM Modulator and DUC Usage and Configuration Guide
チュートリアル 4699 センサー信号パスの概要
チュートリアル 4679 Thermal Management Handbook
アプリケーションノート 3641 サーマルダイオード温度センサをMAX6642に変更
アプリケーションノート 3229 システムの温度測定と保護に適した温度センサーの選び方
アプリケーションノート 3178 広範囲温度検出IC
アプリケーションノート 1057 Compensating for Ideality Factor and Series Resistance Differences between Thermal-Sense Diodes