先頭に戻る

デュアルトリップSOT温度スイッチ

デュアル温度コンパレータ、SOT23!小型、シンプル、および低電力

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート デュアルトリップSOT温度スイッチ Mar 31, 2011

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • スレッショルド精度:全温度範囲で±0.5℃ (typ)
  • 外付部品不要
  • 低コスト
  • 消費電流:30µA (typ)
  • 出荷時設定スレッショルド: -40℃~+125℃で5℃刻み
  • オープンドレイン出力(MAX6505/MAX6507)、プッシュプル出力(MAX6506/MAX6508)
  • ヒステリシス:2℃または10℃をピン選択可能(MAX6507/MAX6508)
  • TALARM - TWARN:+5℃、+10℃、+20℃、+30℃をピン選択(MAX6505/MAX6506)
  • パッケージ:SOT23

アプリケーション/用途

  • ファン制御
  • 温度アラーム
  • 温度制御

説明

MAX6505~MAX6508は、チップ温度がトリップスレッショルドを通過するとデュアルロジック出力を発生させる温度スイッチです。トリップスレッショルドは出荷時に5℃刻みで適切な温度にプログラムされています。

MAX6505/MAX6506には、温度が出荷時にプログラムされたスレッショルド(-40℃~+125℃の範囲で設定可能)を超えると発生するALARM出力が備わっています。また、温度がALARMスレッショルドよりも数度低くなると発生するWARN出力も備わっています。ALARMスレッショルドとWARNスレッショルドの差(ΔTAW)は、ピンにより+5℃、+10℃、+20℃、または+30℃を選択できます。MAX6505のロジック出力はオープンドレインで、MAX6506のロジック出力はプッシュプルです。

MAX6507はオープンドレイン出力(アクティブローOVER、OK)を備えており、MAX6508はプッシュプル出力(OVER、アクティブローOK)を備えています。それぞれの出力には、-40℃~+125℃の広範囲内にある2つの出荷時設定スレッショルド温度(TOVERおよびTUNDER)があります。温度がTOVERを超えると温度超過出力が発生し、温度が望ましい範囲(TOVERより低く、TUNDERより高い)に収まると、OK (アクティブローOK)が出力されます。

MAX6505~MAX6508の精度は±0.5℃ (typ)、±5.5℃ (max)です。+2.5V~+5.5Vの電源で動作するこれらの低コストデバイスは、30µA (typ)の電流を消費し、トリップポイントを設定するための外付部品を一切必要としません。MAX6505~MAX6508は6ピンSOT23パッケージで提供されています。

簡易ブロック図

MAX6505、MAX6506、MAX6507、MAX6508:ピン配置 MAX6505、MAX6506、MAX6507、MAX6508:ピン配置 Zoom icon

Technical Docs

データシート デュアルトリップSOT温度スイッチ Mar 31, 2011

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。