先頭に戻る

環境光および赤外線近接センサー

業界最小電力の高集積環境光および近接センサーが高信頼性測定を実現

製品の詳細

MAX44000は、広いダイナミックレンジの環境光センサーと赤外線近接センサーを組み合わせており、タッチスクリーンの携帯デバイスに最適なソリューションです。

MAX44000の消費電流は、環境光検出と近接検出において、外部IR LED電流を含めわずか11µA (時間平均)です。

内蔵の環境光センサーは広いダイナミックレンジの0.03 lux~65,535 luxの測定を行えます。IR近接検出器は内蔵のIR LEDドライバと整合しています。全読取り値はI²C通信バスで提供されます。割込み端子がプログラマブルであるため、データ用のデバイスのポーリングの必要性が最小限になり、マイクロコントローラのリソースが開放され、システムソフトウェアのオーバーヘッドが減り、最終的に消費電力が削減されます。

MAX44000は外部IR LEDを駆動するように設計されており、1.7V~3.6VのVDDで動作可能です。動作電流は、環境光センサーのみがイネーブルされている場合はわずか5µA、近接レシーバとドライバがイネーブルされている場合は7µAです。

主な機能

  • 小型UTDFN-Opto (2mm x 2mm x 0.6mm)パッケージ
  • VDD = 1.7V~3.6V
  • 低電力動作
    • 5µA (環境モード)
    • 7µA (環境および近接モード)
    • 70µA (環境および近接モード、100mA LED電流を含む)
  • 優れた光源整合
    • プログラマブルな緑およびIRチャネル利得
  • シングルパルスIR LEDドライバ内蔵
    • 10mA~110mAのプログラマブル範囲
    • 環境キャンセレーション内蔵
  • 温度範囲:-40℃~+105℃

アプリケーション/用途

  • アクセサリ
  • 産業用センサー
  • プレゼンス検出
  • スマートフォン

簡略化されたブロック図

MAX44000:標準アプリケーション回路 MAX44000:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

MAX44000の評価システム(EVシステム)は、1つのMAX44000の評価キット(EVキット)と1つのMAX44000のドーターボードを備えています。EVキットは、環境光および近接センサーのMAX44000を評価する完全実装および試験済みPCBです。このEVシステムは、Windows XP®、Windows Vista®、およびWindows® 7対応のソフトウェアも備え、デバイスの各機能を実行するための簡単なグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を提供しています。EVキットは、エクスポーズドパッドを備えた6ピンOTDFNパッケージのMAX44000GDT+が出荷時に実装されています。

ドーターボードは、外付けの試験対象デバイスモジュールで、これにもMAX44000GDT+が出荷時に実装されています。ドーターボードは、EVキットに接続され、EVキットによって制御することができます。また、ドーターボードにユーザー指定のコントローラを接続することによって、ユーザー側でデバイスを評価することもできます。

詳細を見る

特長

  • USB駆動
  • ドーターボードをEVキットによって駆動
  • EVキットおよびドーターボードにIR LED内蔵
  • Windows XP、Windows Vista、およびWindows 7対応のソフトウェア
  • 連続データ収集
  • EVシステムソフトウェアの環境光および近接信号プロット機能
  • RoHS準拠
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

説明

MAX44000PMB1ペリフェラルモジュールは、環境光および赤外線近接センサーのMAX44000を、I²C通信用に設定可能なPmod™対応拡張ポートを利用する任意のシステムとインタフェースするために必要なハードウェアを提供します。このICは、広いダイナミックレンジの環境光センサーと赤外線(IR)近接センサーを組み合わせています。内蔵の環境光センサーは、0.03 lux~65,535 luxの広いダイナミックレンジの測定が可能な能力を備えています。内蔵のIR近接検出器は、内部IR LEDドライバと整合しています。全読取り値はI²C通信バス上で提供されます。

MAX44000 ICの動作の詳細については、このICのデータシートを参照してください。

詳細を見る

特長

  • 環境光センサー
  • 近距離用の近接検出器
  • シングルパルスIR LEDドライバ内蔵
  • 6ピンPmod対応コネクタ(I²C)
  • 移植しやすいCで記述したサンプルソフトウェア
  • 2次ヘッダによってI²Cバス上で追加モジュールをデイジーチェーン接続可能
  • RoHS準拠
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

説明

マキシムのアナログエッセンシャルは、Digilent, Inc.が制定したPmod™規格に準拠する任意のFPGA/CPU拡張ポートに直接プラグインすることができるペリフェラルモジュールのコレクションです。このコレクションには、一般によく使用される多種多様なアナログおよびミックスドシグナル機能を備えたモジュールが含まれています。これらのモジュールは、3つの定評あるFPGAプラットフォーム(Avnet LX-9、Digilent Nexys 3、およびAvnet ZEDBoard)のFPGAコンフィギュレーションファイルが組み込まれたソフトウェアや各モジュールの実行と検証用のサンプルプログラムによってサポートされています。サンプルプログラムは、モジュールの機能を検証すると同時に、適切に分割されてドキュメントも用意されているため、コアルーチンをお客様のプログラムに容易にカット&ペーストすることができます。プラグインによる簡素性と扱いやすいソフトウェア統合の組合せによって、アイデアをプロトタイプ製作に迅速に移すことができます。

詳細を見る

特長

  • データコンバータ、インタフェース、クロック、センサーその他のモジュールを内蔵して多くの設計ニーズに対応
  • プラグインモジュールによって迅速なハードウェアプロトタイピングを実現
  • 実証済みソフトウェアドライバによって開発時間を短縮
  • 組込みのFPGAコンフィギュレーションファイルによって設計作業を簡素化

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

シミュレーションモデル

MAX44000 IBISモデル

ダウンロード

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

主な機能

  • 小型UTDFN-Opto (2mm x 2mm x 0.6mm)パッケージ
  • VDD = 1.7V~3.6V
  • 低電力動作
    • 5µA (環境モード)
    • 7µA (環境および近接モード)
    • 70µA (環境および近接モード、100mA LED電流を含む)
  • 優れた光源整合
    • プログラマブルな緑およびIRチャネル利得
  • シングルパルスIR LEDドライバ内蔵
    • 10mA~110mAのプログラマブル範囲
    • 環境キャンセレーション内蔵
  • 温度範囲:-40℃~+105℃

アプリケーション/用途

  • アクセサリ
  • 産業用センサー
  • プレゼンス検出
  • スマートフォン

説明

MAX44000は、広いダイナミックレンジの環境光センサーと赤外線近接センサーを組み合わせており、タッチスクリーンの携帯デバイスに最適なソリューションです。

MAX44000の消費電流は、環境光検出と近接検出において、外部IR LED電流を含めわずか11µA (時間平均)です。

内蔵の環境光センサーは広いダイナミックレンジの0.03 lux~65,535 luxの測定を行えます。IR近接検出器は内蔵のIR LEDドライバと整合しています。全読取り値はI²C通信バスで提供されます。割込み端子がプログラマブルであるため、データ用のデバイスのポーリングの必要性が最小限になり、マイクロコントローラのリソースが開放され、システムソフトウェアのオーバーヘッドが減り、最終的に消費電力が削減されます。

MAX44000は外部IR LEDを駆動するように設計されており、1.7V~3.6VのVDDで動作可能です。動作電流は、環境光センサーのみがイネーブルされている場合はわずか5µA、近接レシーバとドライバがイネーブルされている場合は7µAです。

簡略化されたブロック図

MAX44000:標準アプリケーション回路 MAX44000:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。