MAX44000

環境光および赤外線近接センサー

業界最小電力の高集積環境光および近接センサーが高信頼性測定を実現


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX44000は、広いダイナミックレンジの環境光センサーと赤外線近接センサーを組み合わせており、タッチスクリーンの携帯デバイスに最適なソリューションです。

MAX44000の消費電流は、環境光検出と近接検出において、外部IR LED電流を含めわずか11µA (時間平均)です。

内蔵の環境光センサーは広いダイナミックレンジの0.03 lux~65,535 luxの測定を行えます。IR近接検出器は内蔵のIR LEDドライバと整合しています。全読取り値はI²C通信バスで提供されます。割込み端子がプログラマブルであるため、データ用のデバイスのポーリングの必要性が最小限になり、マイクロコントローラのリソースが開放され、システムソフトウェアのオーバーヘッドが減り、最終的に消費電力が削減されます。

MAX44000は外部IR LEDを駆動するように設計されており、1.7V~3.6VのVDDで動作可能です。動作電流は、環境光センサーのみがイネーブルされている場合はわずか5µA、近接レシーバとドライバがイネーブルされている場合は7µAです。

MAX44000:標準アプリケーション回路 MAX44000:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • 小型UTDFN-Opto (2mm x 2mm x 0.6mm)パッケージ
  • VDD = 1.7V~3.6V
  • 低電力動作
    • 5µA (環境モード)
    • 7µA (環境および近接モード)
    • 70µA (環境および近接モード、100mA LED電流を含む)
  • 優れた光源整合
    • プログラマブルな緑およびIRチャネル利得
  • シングルパルスIR LEDドライバ内蔵
    • 10mA~110mAのプログラマブル範囲
    • 環境キャンセレーション内蔵
  • 温度範囲:-40℃~+105℃

アプリケーション/用途

  • アクセサリ
  • 産業用センサー
  • プレゼンス検出
  • スマートフォン

MAX44000EVSYS: MAX44000の評価システム
MAX44000PMB1: MAX44000PMB1ペリフェラルモジュール
MAXPMBAE: マキシムのペリフェラルモジュールのアナログエッセンシャルコレクション

ツールおよびモデル

  • MAX44000 IBIS Model
  • CAD Symbols and Footprints

  • MAX44000EDT+T
  • MAX44000GDT+
  • MAX44000GDT+T
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース


    MAXM86161
    単一電源集積型光モジュール、HRおよびSpO2測定用

    • 完全なシングルチャネル光データ収集システム
    • 内蔵アルゴリズムによって高速環境光過渡の除去をさらに強化
    • 反射型心拍数およびSpO2監視用に最適化されたアーキテクチャ

    MAX30208
    ±0.1℃精度、I2Cデジタル温度センサー

    • 高精度および高確度
    • 低消費電力
    • 小型サイズ