先頭に戻る

最適化されたパルス酸素濃度計および心拍数AFE、ウェアラブルヘルス用

最適化されたパルス酸素濃度計および心拍数AFE、ウェアラブルヘルス用

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Bio-Sensors
ISUPPLY (µA) (typ) 23
Shutdown Mode Supply Current (µA) (typ) 1.4
VSUPPLY (V) (min) 1.7
VSUPPLY (V) (max) 2
Resolution (bits) (ADC) 19
SNR (dB) 89
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins WLP/24
Budgetary
Price (See Notes)
2.6
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Bio-Sensors
ISUPPLY (µA) (typ) 23
Shutdown Mode Supply Current (µA) (typ) 1.4
VSUPPLY (V) (min) 1.7
VSUPPLY (V) (max) 2
Resolution (bits) (ADC) 19
SNR (dB) 89
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins WLP/24
Budgetary
Price (See Notes)
2.6

主な特長

  • 反射型または透過型の心拍数、心拍変動、またはSpO2監視
  • 送信セクション
    • 2つの8ビットLED電流DAC
    • 4つの電流範囲:50mA、100mA、150mA、200mA
    • 低ノイズ電流ソースによって高いピーク送受信間ダイナミックレンジを実現
    • 低い160mVのドロップアウトによって充電式リチウムバッテリからの直接駆動に対応
    • 高い出力インピーダンスと高い電源除去比によって非安定化電源またはブーストスイッチング電源からの直接駆動に対応
  • 受信セクション
    • 19ビット光ADC経路によって最も低潅流の状態に対応
    • 低い25pA-RMSの入力換算ノイズによってほとんどの条件下でLED電力を最小化
    • 広い200µAの環境光入力範囲によって最も不利な照明条件下でのHRM信号の抽出に対応
    • 内蔵のフロントおよびバックエンド環境光キャンセリングによって環境光除去が向上し、環境光に対応するためのシステムの複雑化が不要
    • 短い52µs、104µs、206µs、417µsの露光パルス幅によってLED光を効率的に使用
    • 複数のサンプルレートオプション:20sps~3.2ksps
  • モバイルおよびウェアラブル機器用の超低電力動作
    • 100spsへの動的パワーダウンモードによって低消費電力を実現
    • 全AFE消費電力:25µA (typ)以下、25sps時
    • 大容量32サンプルFIFOによってマイクロコントローラでのバッチ処理に対応
    • 割込みにマッピング可能な各種のシステムモニタによってマイクロコントローラからシステム監視機能をオフロード
    • 低シャットダウン電流:1.4µA (typ)
  • I2Cインタフェース
  • 1.8V単一電源および個別の3.1V~5.25VのLED電源に対応
  • 超小型WLPパッケージ(2.8mm x 2.0mm、6 x 4、0.4mmピッチ)
  • 動作温度範囲:-40℃~+85℃

アプリケーション/用途

  • フィットネスウェアラブル機器
  • インイヤーウェアラブル機器
  • SpO2モニタリング機器
  • 腕時計型ウェアラブル機器

説明

MAX30112は、完全な光パルス酸素濃度計および心拍数検出集積アナログフロントエンドです。MAX30112は環境光キャンセリングを内蔵した高分解能、光読み取り信号処理チャネル、および大電流LEDドライバDACを備え、完全な光読み取りシグナルチェーンを形成します。外付けのLEDとフォトダイオードを使用して、MAX30112は腕時計型アプリケーション用の最も低電力、最高性能の心拍数検出ソリューションを提供します。

MAX30112は1.8Vの主電源電圧と、個別の3.1V~5.25VのLEDドライバ電源で動作します。このデバイスは標準I2C対応インタフェースに対応するとともに、ソフトウェアを介したシャットダウンモードによってスタンバイ電流がほぼゼロになるため、電源レールを常時給電状態のままにしておくことが可能です。

簡易ブロック図

MAX30112:簡易ブロックダイアグラム MAX30112:簡易ブロックダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。