先頭に戻る

リモート/ローカル温度センサー、SMBusシリアルインタフェース付

新規設計にはMAX1617Aを推奨

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 2チャネル:リモートとローカルの温度を測定
  • キャリブレーション不要
  • SMBus 2線式シリアルインタフェース
  • プログラマブル低温/高温警報
  • SMBusアラート応答をサポート
  • 精度:
    • ±2℃ (+60℃~+100℃、ローカル)
    • ±3℃ (-40℃~+125℃、ローカル)
    • ±3℃ (+60℃~+100℃、リモート)
  • スタンバイ消費電流:3µA (typ)
  • 自動変換モードでの消費電流:70µA (max)
  • 電源電圧:+3V~+5.5V
  • パッケージ:小型16ピンQSOP

アプリケーション/用途

  • 電話局テレコム機器
  • コンピュータ:デスクトップ、ワークステーション、サーバ
  • 産業用制御
  • LANサーバ
  • マルチチップ・モジュール
  • スマートバッテリパック/充電器
  • 試験および測定機器

説明

MAX1617は、リモートセンサーの温度とIC自身のパッケージの温度を伝える高精度デジタル温度測定デバイスです。リモートセンサーはダイオード接続NPNトランジスタ(低コスト2N3904等の実装容易なもの)であり、従来のサーミスタまたは熱電対を置き換えます。キャリブレーションなしで、複数のトランジスタメーカについて±3℃のリモート精度を実現しています。リモートチャネルは、ダイオード接続トランジスタを内蔵するマイクロプロセッサなど、他のICのチップ温度を測定することもできます。

このデバイスは、2線式シリアルインタフェースにより、システムマネジメントバス(SMBus)の標準のバイト書込み、バイト読取り、バイト送信およびバイト受信コマンドを受け付け、警報スレッショルドの設定、および温度データの読取りを行います。データフォーマットは7ビットプラス符号の2の補数形式となっており、各ビットが1℃を表します。測定は自動的かつ独立に行われます。変換速度はユーザによる設定、あるいはシングルショットモードでの動作に設定することができます。変換速度が調整可能であるため消費電流の制御が可能です。

MAX1617は小型16ピンQSOP表面実装パッケージで提供されています。

簡易ブロック図

MAX1617:標準動作回路 MAX1617:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。