先頭に戻る

4.5V~36V、1A、Himalaya uSLICステップダウンパワーモジュール

高効率同期整流バックレギュレータ、高性能、広い温度範囲、および小型サイズのバランスを提供

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 4.5
VIN (V) (max) 36
VOUT1 (V) (min) 3.3
VOUT1 (V) (max) 3.3
IOUT1 (A) (max) 1
Switch Type Internal
Preset VOUT (V) 3.3
Output Adjust. Method Preset
Synchronous Switching? Yes
Power Good Signal Yes
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 400
Design Tools EE-Sim
Package/Pins EMGA/16
Budgetary
Price (See Notes)
2.81
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 4.5
VIN (V) (max) 36
VOUT1 (V) (min) 3.3
VOUT1 (V) (max) 3.3
IOUT1 (A) (max) 1
Switch Type Internal
Preset VOUT (V) 3.3
Output Adjust. Method Preset
Synchronous Switching? Yes
Power Good Signal Yes
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 400
Design Tools generateDesignEESIMUrl('http://maxim.transim.com/pwm2/designreq/Index?partId=17672', '')
Package/Pins EMGA/16
Budgetary
Price (See Notes)
2.81

主な特長

  • 使用が容易
    • 広い入力範囲:4.5V~36V
    • 可変出力:0.9V~12V (MAXM17632)
    • 固定出力:3.3Vおよび5V (MAXM17630およびMAXM17631)
    • 外部クロック同期を備えた可変周波数:400kHz~2.2MHz
    • フィードバック精度:±1.2%
    • 出力電流:最大1A
    • 内部補償
    • 全セラミックコンデンサ
  • 高効率
    • 選択可能なPWM、PFM、またはDCM動作モード
    • 補助ブートストラップ電源(EXTVCC)によって効率の向上
    • シャットダウン電流:わずか2.8µA (typ)
  • 柔軟な設計
    • プリバイアス出力電圧への調整可能かつ単調な起動
    • 出力電圧監視内蔵(アクティブローRESET端子)
    • 設定可能なEN/UVLOスレッショルド
  • 堅牢な動作
    • ヒカップモード過負荷保護
    • 過熱保護
    • 周囲動作温度:-40℃~+125℃/ジャンクション温度:-40℃~+150℃
  • 堅牢
    • CISPR22 (EN55022) Class B伝導および電磁放射に適合
    • 落下、衝撃、および振動の規格に合格:JESD22-B103、B104、B111

アプリケーション/用途

  • 産業制御用電源
  • 汎用PoL (Point of Load)
  • 分散電源レギュレーション
  • 基地局電源
  • 高電圧シングルボードシステム
  • プログラマブルロジックコントローラ

説明

Himalayaシリーズの電圧レギュレータICおよびパワーモジュールは、より低温、小型、簡素な電源ソリューションを実現します。MAXM17630/MAXM17631/MAXM17632は高効率、同期整流ステップダウンDC-DCモジュールのファミリで、コントローラ、MOSFET、補償部品およびインダクタを内蔵し、広い入力電圧範囲で動作します。これらのモジュールは4.5V~36Vで動作し、最大1Aの出力電流を供給します。MAXM17630とMAXM17631は、それぞれ固定3.3Vおよび5V出力のモジュールです。MAXM17632は可変出力(0.9V~12V) のモジュールです。これらのモジュールは設計の複雑性、製造リスクを大幅に低減し、真のプラグアンドプレイ電源ソリューションを提供して、市場投入までの時間を短縮します。全出力電圧範囲での内部補償によって、外付け部品が不要です。

これらのモジュールはピーク電流モード制御アーキテクチャを特長としています。これらのモジュールは、パルス幅変調(PWM)、またはパルス周波数変調(PFM)、または断続コンダクションモード(DCM)での動作が可能で、軽負荷の条件下で高効率を実現します。

このモジュールファミリのフィードバック電圧安定化精度は、-40℃~+125℃にわたって±1.2%です。これらのパワーモジュールは、薄型、小型16ピンuSLICパッケージ(3mm × 3mm × 1.75mm)で提供されます。シミュレーションモデルが利用可能です。

簡易ブロック図

MAXM17630、MAXM17631、MAXM17632:標準アプリケーション回路 MAXM17630、MAXM17631、MAXM17632:標準アプリケーション回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。