先頭に戻る

アプリケーションのMAXM17625/MAXM17626モジュールの評価キット

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 動作入力電源:最大5.5V
  • 高効率:92% (MAXM17625、VIN = 3.3V、VOUT = 1.5V、IOUT = 300mA)
  • 高効率:94.5% (MAXM17626、VIN = 5V、VOUT = 3.3V、IOUT = 400mA)
  • 負荷電流:最大600mA
  • スイッチング周波数:固定2MHz (MAXM17625)
  • スイッチング周波数:固定4MHz (MAXM17626)
  • 選択可能なパルス幅変調(PWM)およびパルス周波数変調(PFM)動作モード
  • 内部ソフトスタート時間:1ms
  • パワーグッド(PGOOD)出力、それぞれの入力電圧へのプルアップ抵抗実装
  • 薄型、表面実装部品
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • バッテリ動作アプリケーション
  • 分散電源システム
  • 産業用センサーおよびプロセス制御
  • PoL (ポイントオブロード)電源
  • 標準5Vレール電源

説明

MAXM17625/MAXM17626の評価キット(EVキット)は、MAXM17625/MAXM17626モジュールの性能を評価するための実証済みデザインを提供します。これらのモジュールは、それぞれこのEVキットで最適な性能および部品サイズを実証するように設定されています。

MAXM17625モジュールは、2MHzのスイッチング周波数で最大600mAを供給します。このモジュールは2.7V~5.5Vの入力範囲にわたって1.5V出力に設定されています。

MAXM17626モジュールは、4MHzのスイッチング周波数で最大600mAを供給します。このモジュールは3.6V~5.5Vの入力範囲にわたって3.3V出力に設定されています。

このEVキットは、動作モードの選択(PWM/PFM)およびイネーブル入力に対応しています。MAXM17625/MAXM17626モジュールのデータシートにモジュールの完全な説明が記載されているため、EVキットを動作させる前にこのデータシートと併せて読んでおく必要があります。

簡易ブロック図

MAXM17625EVKIT、MAXM17626EVKIT:ボード写真 MAXM17625EVKIT、MAXM17626EVKIT:ボード写真 Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。