先頭に戻る

WCDMA PAおよびRFパワー用、2mm x 2mmパッケージ、デュアルPWMステップダウンコンバータ

WCDMA PAモジュールおよびRFトランシーバに給電する小型(4mm)²パッケージ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 5.5
VOUT1 (V) (min) 0.5
VOUT1 (V) (max) 5
IOUT1 (A) (max) 0.7
Switch Type Internal
Preset VOUT (V) 2.8
3.1
Output Adjust. Method Dyn. REF In
Preset
Synchronous Switching? Yes
# DC-DC Outputs 2
Switching Frequency (kHz) 2000
Package/Pins UCSP (R)/16
Budgetary
Price (See Notes)
2.31
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 5.5
VOUT1 (V) (min) 0.5
VOUT1 (V) (max) 5
IOUT1 (A) (max) 0.7
Switch Type Internal
Preset VOUT (V) 2.8
3.1
Output Adjust. Method Dyn. REF In
Preset
Synchronous Switching? Yes
# DC-DC Outputs 2
Switching Frequency (kHz) 2000
Package/Pins UCSP (R)/16
Budgetary
Price (See Notes)
2.31

主な特長

  • PAステップダウンコンバータ(OUT1)
    • 0.5V~1Vの出力電圧変動のセトリング時間:7.5µs (typ)
    • ダイナミック出力電圧設定:0.5V~VBATT
    • 140mΩバイパスPFETと100%のデューティサイクルで低ドロップアウトを実現
    • スイッチング周波数:2MHz
    • 低出力電圧リップル
    • 出力ドライブ性能:700mA (min)
    • 利得精度:2%
    • わずかな外付け部品点数
  • RFステップダウンコンバータ(OUT2)
    • 固定スイッチング周波数:2MHz
    • 94%のピーク効率
    • 100%のデューティサイクル
    • 出力精度:2% (全負荷、ライン、および温度)
    • 出力ドライブ性能:200mA (min)
    • わずかな外付け部品点数
  • 低ノイズLDO
    • 保証出力:200mA
    • 高いPSRR:65dB (typ)
    • 固定出力電圧
    • 低ノイズ(16µVRMS、typ)
  • 単純なロジックオン/オフ制御
  • 低シャットダウン電流:0.1µA
  • 電源電圧範囲:2.7V~5.5V
  • サーマルシャットダウン
  • 2mm x 2mmのUCSPパッケージ(4 x 4グリッド)

アプリケーション/用途

  • スマートフォン
  • WCDMA/NCDMA携帯電話

説明

デュアルステップダウンコンバータのMAX8896は、WCDMAハンドセットのパワーアンプ(PA)およびRFトランシーバの給電用に最適化されています。このデバイスは、中電力および低電力伝送用の高効率PWMステップダウンコンバータ(OUT1)と140mΩ (typ)のバイパスFETを内蔵し、大電力伝送中にバッテリからじかにPAに給電します。2番目の高効率PWMステップダウンコンバータ(OUT2)は、高いPSRR、低電圧ノイズ、200mAの低ドロップアウトリニアレギュレータ(LDO)に電力をじかに供給して、RFトランシーバに給電します。

高速スイッチングは、低リップル電圧を維持しながら、小型セラミック入力/出力コンデンサの使用を可能にします。フィードバック回路も内蔵されているため、外付け部品数とソリューションサイズ全体が削減されます。OUT1は、外付けDACで駆動されるアナログ入力を使って、出力電圧をリニアに制御し、連続的にPAを電力調整します。高デューティサイクルで、OUT1はバイパスモードに自動的に切り替わり、ローインピーダンス(140mΩ、typ) MOSFETを通じて入力を出力に接続します。

OUT2は、100%のデューティサイクルで動作可能な2MHz固定周波数ステップダウンコンバータです。出力精度は、負荷、ライン、および温度において±2%です。OUT2の出力は、3.1Vにプリセットされ、低ノイズ(16µVRMS、typ)、高いPSRR (65dB、typ)動作用に設計された200mA、2.8V LDOに給電します。この構成は、100Hz~100kHz範囲のRFトランシーバ電源にノイズ減衰を提供します。

その他の機能には、個別の出力イネーブル、低消費電流シャットダウン、出力過電流、および温度過昇保護が含まれます。MAX8896は、2mm x 2mmの16ピンUCSP™パッケージ(最大高0.7mm)で提供されます。

簡易ブロック図

MAX8896:標準アプリケーション回路 MAX8896:標準アプリケーション回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。