先頭に戻る

3.0mm x 2.5mmのWLP、マルチメディアアプリケーションプロセッサ用、µPMIC

ハイスピードUSBスイッチ内蔵マルチメディアプロセッサIC用高集積µPMIC

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 高効率ステップダウンコンバータ
    • 保証出力電流:500mA
    • スイッチング周波数:4MHz (max)
    • 設定可能な出力電圧:0.8V~2.4V
    • ランプレートを設定可能なダイナミック電圧スケーリング
  • 出力電圧を設定可能な3つの低ノイズLDO
  • 出力電圧を設定可能な2つの低消費電流LDO
  • 低オン抵抗負荷スイッチ
  • ±15kVのESDを備えたUSBハイスピードスイッチ
  • すべてのレギュレータおよびスイッチに対する個別のイネーブル制御
  • I²Cシリアルインタフェース
  • すべてのLDOに対する過電流および過熱保護
  • 3.0mm x 2.5mm x 0.64mmの30ピンWLPパッケージ

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • スマートフォンおよびPDA

説明

MAX8893A/MAX8893B/MAX8893Cは、セルラハンドセットなど、多種多様なポータブル機器用に設計されたパワーマネージメントIC (PMIC)です。このPMICは、1つの高効率ステップダウンDC-DCコンバータ、設定可能な出力電圧を備えた5つの低ドロップアウトリニアレギュレータ(LDO)、個別のパワーオン/オフ制御入力、1つの負荷スイッチ、および1つのUSBハイスピードスイッチを内蔵しています。これらのデバイスは、無負荷での低い消費電流で高効率を維持し、3.0mm x 2.5mmの小型WLPパッケージのため、ポータブル機器に最適です。

このステップダウンDC-DCコンバータは、独自の4MHzのヒステリシスPWM制御方式を採用しているため、超小型の外付け部品が使用可能になります。内部同期整流によって効率が向上し、従来のステップダウンコンバータで必要とされた外付けショットキーダイオードが不要になります。出力電圧はI²Cシリアルインタフェースによって設定可能で、出力電流は最大500mAまで保証されています。

LDO1、LDO4、およびLDO5は、45µVRMSの低出力ノイズ、および100mAの場合にわずか100mVの低ドロップアウトを実現します。それぞれ、最大300mA、150mA、および200mAの連続出力電流を供給します。LDO2およびLDO3は、超低グランド電流によって、それぞれ300mAの連続出力電流を供給します。LDO出力電圧はすべて、I²Cシリアルインタフェースによって設定可能です。このPMICは、LDOデフォルト起動電圧が異なる3つの標準バージョンを提供します(フルデータシートの表1を参照)。

MAX8893A/MAX8893B/MAX8893Cは、3.0mm x 2.5mmの30ピンWLPパッケージで提供されます。

簡易ブロック図

MAX8893A、MAX8893B、MAX8893C:標準動作回路 MAX8893A、MAX8893B、MAX8893C:標準動作回路 Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。