先頭に戻る

ブーストダイオード内蔵、高速、デュアルフェーズドライバ

高ゲート駆動力によって超高速立上りおよび立下り時間が実現、設計者は低コスト(高ゲート能力) MOSFETを使用、または大電流アプリケーションで複数の並列MOSFETを駆動可能

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • デュアルフェーズ、同期バック(降圧)ドライバ
  • ブートストラップダイオード内蔵
  • 最大システム入力電圧:26V
  • ピークゲート駆動電流:6A
  • フェーズ当り30A可能
  • 0.4Ω/0.9Ωローサイド、0.7Ω/1.0Ωハイサイドドライバ(typ)
  • 3000pFの負荷で11ns (typ)の立上り/立下り時間
  • アダプティブなデッドタイム制御
  • ユーザ設定可能の遅延時間
  • シャットダウン時の自己消費電流が0.04µA (typ)となるイネーブル機能
  • 省スペース、鉛フリー16ピンQSOP

アプリケーション/用途

  • DC-DCコンバータモジュール
  • マルチフェーズステップダウンコンバータ
  • プロセッサコア電圧レギュレータ
  • スイッチング電源
  • 電圧レギュレータモジュール(VRM)

説明

MAX8811は2フェーズゲートドライバで、マルチフェーズ同期ステップダウンコンバータアプリケーションにおいてパワーMOSFETを制御し、1フェーズ当り最大30Aの出力電流を供給します。MAX8811はMAX8810A (マルチフェーズ電源コントローラ)と共に、広範囲のマルチフェーズ電源アプリケーション用の高効率、低コストソリューションを提供します。MAX8811は、最大26Vのシステム入力電圧に対応します。各MOSFETドライバは、11nsの標準立上りおよび立下り時間で3000pFの容量性負荷を駆動可能です。

アダプティブな貫通保護回路が実装され、「ハイサイドオフからローサイドオンへの」遷移用に貫通電流を防止します。プログラマブルな遅延が、「ローサイドオフからハイサイドオンへの」遷移用に内蔵されています。このため、多種のMOSFETによる動作に対応して、全体のコンバータ効率を最大化します。

MAX8811は、デュアルドライバのMAX8523から容易にアップグレードすることができます。内蔵ブートストラップダイオードによって外付け部品点数が削減され、またイネーブル入力によって電源シーケンスがフレキシブルになります。MAX8811は、省スペース16ピンQSOPパッケージで提供されます。

簡易ブロック図

MAX8811:標準動作回路 MAX8811:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。