先頭に戻る

高速過渡応答付き、低コスト、デュアル出力、ステップダウンコントローラ

幅広い範囲のアプリケーション向け、超低コスト、デュアル出力レギュレータ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 4.5
VIN (V) (max) 28
VOUT1 (V) (min) 0.6
VOUT1 (V) (max) 25
IOUT1 (A) (max) 25
Switch Type External
Output Adjust. Method Resistor
Synchronous Switching? Yes
Power Good Signal Yes
# DC-DC Outputs 2
Switching Frequency (kHz) 1000
Package/Pins QSOP/20
Budgetary
Price (See Notes)
3.32
全て表示する

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 4.5
VIN (V) (max) 28
VOUT1 (V) (min) 0.6
VOUT1 (V) (max) 25
IOUT1 (A) (max) 25
Switch Type External
Output Adjust. Method Resistor
Synchronous Switching? Yes
Power Good Signal Yes
# DC-DC Outputs 2
Switching Frequency (kHz) 1000
Package/Pins QSOP/20
Budgetary
Price (See Notes)
3.32

主な特長

  • 出力精度:±0.8% (負荷、電源の全範囲)
  • 単一動作電源:4.5V~28V
  • どのようなタイプの出力コンデンサに対しても簡単な補償
  • ゲート駆動用の6.5Vレギュレータ内蔵
  • ブーストダイオード内蔵
  • 可変出力:0.6V~(0.9 x VIN)
  • ディジタルソフトスタートによって突入電流を低減
  • 100kHz~1MHzに調整可能なスイッチング
  • 180°逆位相動作によって入力リップル電流を低減
  • 過電流および過電圧保護
  • 第2コントローラ用の外部リファレンス入力
  • プリバイアス起動動作

アプリケーション/用途

  • ASIC/CPU/DSP電源
  • デスクトップおよびノートブックPC
  • グラフィックカード
  • ネットワーク電源
  • POL電源
  • プリンタ電源
  • セットトップボックス電源

説明

MAX8664は、デュアル出力PWMコントローラで、デュアル電源を必要とするシステム用の低コスト、高性能ソリューションです。このデバイスは、180°の逆位相で動作する2つの個別出力を備え、入力電流リップルが最小限に抑えられるため、容量要件も最小化することができます。内蔵ドライバは、外付けのMOSFETを駆動して各チャネルから最大25Aの出力電流を供給することが可能です。MAX8664は、4.5V~28Vの入力電圧ソースで動作し、各チャネルに0.6V~入力電圧の最大90%の出力電圧を生成します。総合出力レギュレーション誤差は、負荷、電源、および温度の全範囲で±0.8%を下回ります。

MAX8664は、100kHz~1MHzに調整可能な一定のスイッチング周波数で動作します。内蔵ブーストダイオードによって、外付けの部品数が削減されます。ディジタルソフトスタートによって、起動時の突入電流が排除されます。第2出力は、オプションの外部REFIN2を備え、電源のトラッキングアプリケーションを容易にします。各出力は、電流のソースおよびシンクが可能であるため、このデバイスはDDRアプリケーション用の優れたソリューションとなります。

MAX8664は、マキシムの独自のピーク電圧モード制御アーキテクチャを採用しており、負荷または電源の過渡時に優れた過渡応答を実現します。このアーキテクチャは、2個の抵抗と1個のコンデンサを使って、どのようなタイプの出力コンデンサを使用しても安定化が容易です。過渡応答が高速であると必要な出力容量が小さくて済むため、トータルシステムコストが低く抑えられます。MAX8664Bでは、フォルト状態では両方のコントローラをラッチオフしますが、MAX8664Aでは、一方のコントローラに障害が発生したとき、他方のコントローラは動作を続行することができます。

簡易ブロック図

MAX8664:標準動作回路 MAX8664:標準動作回路 Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。