先頭に戻る

スイッチ内蔵、6A、2MHzステップダウンレギュレータ

超小型、超高効率6Aステップダウンレギュレータおよび最大2.4MHzの周波数

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.35
VIN (V) (max) 3.6
VOUT1 (V) (min) 0.6
VOUT1 (V) (max) 2.5
IOUT1 (A) (max) 6
Switch Type Internal
Preset VOUT (V) 1
2
Output Adjust. Method Digital/VID
Dyn. REF In
Preset
Resistor
Synchronous Switching? Yes
Power Good Signal Yes
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 2000
Package/Pins TQFN/24
Budgetary
Price (See Notes)
4.52
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.35
VIN (V) (max) 3.6
VOUT1 (V) (min) 0.6
VOUT1 (V) (max) 2.5
IOUT1 (A) (max) 6
Switch Type Internal
Preset VOUT (V) 1
2
Output Adjust. Method Digital/VID
Dyn. REF In
Preset
Resistor
Synchronous Switching? Yes
Power Good Signal Yes
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 2000
Package/Pins TQFN/24
Budgetary
Price (See Notes)
4.52

主な特長

  • 23mΩのRDS(ON) MOSFETを内蔵
  • 連続出力電流:6A
  • 全負荷、全入力電圧、および全温度範囲の出力精度:±1%
  • 2.35V~3.6V電源で動作
  • 可変出力:0.6V~(0.9 x VIN)
  • ソフトスタートによって突入電源電流を低減
  • 可変スイッチング周波数:500kHz~2MHz
  • セラミック、ポリマ、および電解出力コンデンサを使用可能
  • VIDで選択可能な出力電圧:
    • 0.6V、0.7V、0.8V、1.0V、1.2V、1.5V、1.8V、2.0V、および2.5V
  • 過電流および過温度から完全保護
  • プリバイアスされた出力へのセーフスタート
  • DDRアプリケーションのシンク/ソース電流
  • 鉛フリー、4mm x 4mmの24ピンTQFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • ASIC/CPU/DSPコアおよびI/O電圧
  • 基地局電源
  • DDR電源
  • POL
  • RAID制御電源
  • テレコムおよびネットワーク用電源

説明

高効率スイッチングレギュレータMAX8646は、0.6V~(0.9 x VIN)の出力電圧で最大6Aの負荷電流を供給します。このICは2.35V~3.6Vで動作するため、ボード搭載のポイントオブロードおよびポストレギュレーションアプリケーションに最適です。総出力エラーは、全負荷、全入力電圧、および全温度範囲で±1%を下回ります。

MAX8646は、外付け抵抗で設定される500kHz~2MHzのスイッチング周波数範囲の固定周波数PWMモード動作が特長です。高周波動作によって、オールセラミックコンデンサの設計が可能になります。高い動作周波数によって、外付け部品の小型化も可能となります。

低抵抗の内蔵nMOSスイッチによって、重要なインダクタンスを最小化して、重負荷で高効率を実現するため、個別部品によるソリューションに比べてレイアウトが大幅に容易になります。簡素なレイアウトとフットプリントによって、新規設計を初回の試作で成功させることができます。

MAX8646は高帯域幅(14MHz以上)の電圧誤差アンプを備えます。 電圧モード制御アーキテクチャと電圧誤差アンプによって、タイプIII補償方式を使用することができ、スイッチング周波数の最高20%までの最大ループ帯域幅を実現します。高ループ帯域幅は高速過渡応答を提供するため、必要な出力キャパシタンスが小さくなり、オールセラミックコンデンサ設計が可能になります。

MAX8646は、9つのプリセットされた出力電圧のいずれか1つを選択する2つのトライステート、ロジック入力を備えています。プリセットされた出力電圧によって、高コストの0.1%抵抗を使用せずに±1%の出力電圧精度を実現することができます。さらに、0.6Vの内部リファレンスを使用してフィードバック点に2つの外付け抵抗を使用するか、または外部リファレンス電圧をREFIN入力に印加して、出力電圧を任意のカスタム値に設定することもできます。MAX8646は1つのコンデンサで設定可能なソフトスタート時間を備え、入力突入電流を低減します。このMAX8646は、鉛フリー、4mm x 4mmの24ピンTQFNパッケージで提供されます。

簡易ブロック図

MAX8646:標準動作回路 MAX8646:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。