先頭に戻る

小型500mA、4MHz/2MHz同期整流ステップダウンDC-DCコンバータ

超小型SC70パッケージ(2mm x 2.1mm)および業界最小の総ソリューションサイズかつ93%以上の効率で500mAを供給可能な、市場で最も堅牢な4MHz/2MHzステップダウンDC-DCコンバータ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 5.5
VOUT1 (V) (min) 0.8
VOUT1 (V) (max) 2.5
IOUT1 (A) (max) 0.5
Switch Type Internal
Preset VOUT (V) 1
Output Adjust. Method Preset
Synchronous Switching? Yes
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 2000
Package/Pins SC70/6
UDFN/6
Budgetary
Price (See Notes)
2.23
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 5.5
VOUT1 (V) (min) 0.8
VOUT1 (V) (max) 2.5
IOUT1 (A) (max) 0.5
Switch Type Internal
Preset VOUT (V) 1
Output Adjust. Method Preset
Synchronous Switching? Yes
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 2000
Package/Pins SC70/6
UDFN/6
Budgetary
Price (See Notes)
2.23

主な特長

  • 小型SC70およびµDFNパッケージ
  • 保証出力電流:500mA
  • 4MHzまたは2MHzのPWMスイッチング周波数
  • 小型外付け部品:1µH/2.2µFまたは2.2µH/4.7µF
  • 自己消費電流:28µA
  • 出荷時にプリセットされた出力:0.8V~2.5V
  • 初期精度:±1%
  • 全負荷で低出力リップル
  • 最低1mA負荷の超音波スキップモード
  • 超高速電源/負荷過渡応答
  • 高速ソフトスタートによって突入電流を排除

アプリケーション/用途

  • 携帯電話、PDA、DSC、MP3
  • I/O電源
  • マイクロプロセッサ/DSPコア電源
  • スペースに制限のあるその他のハンドヘルド機器

説明

MAX8640Y/MAX8640Zはステップダウンコンバータで、小型サイズ、高効率、および低出力リップルを重視するアプリケーション用に最適化されています。これらのデバイスは、外付け小型部品で高効率となるようにスイッチング周波数を最適化し、低出力リップル電圧をあらゆる負荷に対して維持する独自のPWM制御方式を採用しています。MAX8640Zは最高4MHzでスイッチングチングし、小型の1µHインダクタと2.2µF出力コンデンサを使用可能です。MAX8640Yは最高2MHzでスイッチングし、効率を向上しながら、2.2µHおよび4.7µFの小型部品も使用可能です。出力電流は最大500mAまで保証されますが、標準自己消費電流は28µAです。0.8V~2.5Vに出荷時にプリセットされた出力電圧によって、外付けフィードバック部品が不要になります。

内蔵同期整流によって効率が大幅に向上し、従来型のステップダウンコンバータで必要とされる外付けショットキダイオードに取って代わります。内蔵の高速ソフトスタートによって突入電流が排除されるため、入力コンデンサ要件が緩和されます。

MAX8640Y/MAX8640Zは、小型6ピンSC70 (2.0mm x 2.1mm)およびµDFN (1.5mm x 1.0mm)パッケージで提供されます。両パッケージとも鉛フリーです。

簡易ブロック図

MAX8640Y、MAX8640Z:標準動作回路 MAX8640Y、MAX8640Z:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。