先頭に戻る

デジタルスチルカメラおよびカメラ付き携帯用、高速充電時間キセノンフラッシュチャージャ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • あらゆるサイズのフォトフラッシュコンデンサを充電
  • 100µFを300Vまで充電するのに2.8秒
  • 突入電流なし
  • トランスの巻線比に依存しない高い精度
  • 入力電圧監視によりバッテリ寿命を延長
  • 最大1.6Aまでプログラムが可能な入力電流制限
  • 低コストトランスの使用が可能な堅牢なアーキテクチャ
  • 自動リフレッシュモード
  • 充電完了インジケータ
  • 小型、3mm x 3mm、10ピンTDFNパッケージ
  • アプリケーション/用途

    • 携帯電話用カメラ
    • デジタルカメラ
    • フィルムカメラ
    • パーソナルメディアプレーヤー
    • スマートフォン用カメラ

    説明

    フライバックスイッチングレギュレータのMAX8622は、高電圧フォトフラッシュコンデンサを高速かつ高効率に充電します。この製品は、2セルのアルカリ/NiMH、またはシングルセルリチウムイオンバッテリを使用するディジタル、フィルム、携帯電話、およびスマートフォンのカメラに最適です。内蔵のnチャネルMOSFETは低オン抵抗であるため、オン抵抗損失が低く、効率を高めます。

    電流制限された、連続モード、トランススイッチング方式は出力コンデンサを急速に充電します。サイクルごとのピーク電流制限方式では突入電流がありません。電流制限はプログラム可能でバッテリから引き出される最大負荷を制御することができます。追加の入力電圧監視ループは、バッテリがほぼ放電された際に充電率を低下させることによって、バッテリ寿命を延ばします。これにより電流制限は、バッテリのワーストケースの放電状態に支配されるレベルではなく、ある条件下でより高速に充電レートを設定することもできます。

    オープンドレイン/DONE出力はフォトフラッシュコンデンサが完全に充電されたことを示します。MAX8622は、最小のバッテリ放電で、コンデンサの充電レベルを効率良く維持しながら、11秒毎に出力を自動的にリフレッシュします。

    MAX8622は、出力電圧を監視するための外部抵抗分割を使用することによって、高い充電精度を提供します。トランス二次側で直接検出することによってフィードバック抵抗を通じての出力コンデンサの放電を防止し、同時に最適な電圧精度を探知するためにトランスの巻線比に影響されない直接出力検出を提供します。MAX8622は3mm x 3mm、10ピンのTDFNパッケージで提供されます。

    簡易ブロック図

    Technical Docs

    サポートとトレーニング

    技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。