先頭に戻る

MAX8621Y/MAX8621Zの評価キット

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX8621Y/MAX8621Zの評価キット Sep 15, 2005

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 2個の500mA、ステップダウンDC-DCコンバータ
    • 最高4MHzのスイッチング周波数
    • 可変出力:0.6V~3.3V
  • 出力電圧を端子でプログラマブルな4つの低ノイズLDO
  • 1個のオープンドレインドライバ
  • 30ms (min)のリセットタイマ
  • パワーオン/オフ制御ロジックおよびシーケンシング
  • 4mm x 4mm x 0.8mmの24ピンTQFNパッケージ
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • デジタルカメラ
  • MP3プレーヤー
  • スマートフォンおよびPDA
  • ワイヤレスローカルエリアネットワーク(WLAN)

説明

MAX8621Zの評価キット(EVキット)は、ポータブル機器用のデュアルステップダウン、DC-DCパワーマネージメントICのMAX8621Zを評価する完全実装および試験済み回路ボードです。MAX8621ZのEVキットのBUCK1およびBUCK2の4MHzヒステリシスステップダウンDC-DCコンバータはそれぞれ1.375Vと1.8Vの出力電圧にプリセットされ、各コンバータとも500mAの出力電流を供給することができます。OUT1およびOUT2のLDOはそれぞれ、300mAで2.6V (EVキットのデフォルト設定)を供給します。OUT3およびOUT4のLDOはそれぞれ、150mAで1.8Vおよび3V (EVキットのデフォルト設定)を供給します。適切な電源シーケンスがMAX8621Y/MAX8621Zに内蔵されています。4つのLDO出力電圧はSEL1とSEL2によって端子で選択可能で、柔軟性が向上します。OUT2、OUT3、およびOUT4はそれぞれ、個別のロジック制御シャットダウンを備えています。マイクロプロセッサリセット出力(アクティブローRESET)はVOUT1を監視し、差し迫った電力損失をシステムに警告して、安全なシャットダウンを実現します。アクティブローRESETは、電源投入、電源切断、シャットダウン、およびVOUT1がそのレギュレーション電圧を下回る障害状態時にアサートします。LEDバックライトを制御したり、フィードバック回路などの抵抗にオープンドレイン接続を提供したりするための200mAのドライバ出力が追加されています。MAX8621ZのEVキットは、2.6V~5.5Vの電源電圧で動作します。またMAX8621ZのEVキットは、MAX8621Yも評価することができます。MAX8621Yを評価するには、このEVキットとともに無料サンプルをお求めください。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX8621Y/MAX8621Zの評価キット Sep 15, 2005

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。