先頭に戻る

低コストPDA用DC-DCコア電源付き5出力PMIC

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 最小限の外付け部品
  • 高効率のステップダウンDC-DCがCPUコアに電源供給
  • 1Vまたは1.3Vを選択可能なコア電圧、400mA (MAX8594)
  • 1.3Vまたは1.8Vを選択可能なコア電圧、400mA (MAX8594A)
  • メインLDO:3.3V (500mA)
  • SDカード出力:3.3V (500mA)
  • 第2コア用LDO:1.8V (50mA)
  • 高効率LCDブースト
  • オフ時にTrue ShutdownによってLCD 0V
  • 自己消費電流:46µA
  • アプリケーション/用途

    • 携帯電話/コードレス電話
    • ハンドヘルド機器
    • MP3プレーヤー
    • オーガナイザ
    • PDA

    説明

    MAX8594/MAX8594Aは低コストのパーソナルディジタルアシスタント(PDA)用の完全なパワーマネージメントチップで、1セルリチウムイオン(Li+)または3セルニッケル水素(NiMH)バッテリで動作します。このチップは小型ポータブル機器に必要なすべてのレギュレータ、出力、および電圧モニタを備え、必要最小限の外付け部品しか必要ありません。3個のリニアレギュレータ、LCDバイアス用ブースト(昇圧型) DC-DCコンバータ、コア電力用の4MHzの高効率バック(降圧型) DC-DCコンバータ、マイクロプロセッサ(µP)リセット出力、およびローバッテリシャットダウンが、高さ0.8mmのTQFNパッケージに内蔵されています。

    COR1バックDC-DCコンバータは、ピン選択可能な出力を400mAで供給します。すべてのリニアレギュレータはPMOSパス素子を備え、効率のよい低ドロップアウト動作をします。MAIN LDOは、500mAで3.3Vを供給します。セキュアディジタル(SD)カードスロット出力は500mAで3.3Vを供給し、COR2 LDOは50mAで1.8Vを供給します。各出力は、それぞれロジック制御のイネーブルを備えています。その他の出力電圧の組合せに関してはお問い合わせください。

    LCDバイアス用ブーストDC-DCコンバータは、オンボードのMOSFETとオフ時のTrue Shutdown™を備えています。このためシャットダウン時に、入力電源はインダクタから切り離され、ブースト出力は、入力電圧からダイオード1個分の降下にとどまらず、0Vまで降下します。COR1出力が安定化した後、適切な起動を確保するためのµPリセット出力は20ms (typ)間クリアします。また、COR1レギュレータは3.3Vメイン出力が安定化するまで、起動しません。1%の高精度リファレンスとローバッテリモニタも内蔵しています。サーマルシャットダウンは、ダイの過熱を保護します。

    MAX8594/MAX8594Aは3.1V~5.5Vの電源電圧で動作し、無負荷時の消費電流は46µAです。これらの製品は、1.67Wの電力消費が可能な4mm x 4mmの小型24ピンTQFNパッケージで提供されます。これらの製品は、-40℃~+85℃の温度範囲での動作が保証されています。

    簡易ブロック図

    MAX8594、MAX8594A:標準動作回路 MAX8594、MAX8594A:標準動作回路 Zoom icon

    Technical Docs

    サポートとトレーニング

    技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。