先頭に戻る

デスクトップ、ノートブック、およびグラフィックカード用、高集積DDR電源ソリューション

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 降圧型コントローラ
    • Quick-PWMによる高速負荷ステップ応答:100ns
    • 最大効率:95%
    • 入力電圧範囲:2V~28V
    • 出力電圧:1.8V/2.5V (固定)、または0.7V~5.5V (可変)
    • 選択可能なスイッチング周波数:600kHz (max)
    • フォールドバック能力付プログラマブル電流制限
    • 1.7msのデジタルソフトスタートおよび個別シャットダウン
    • 過電圧/低電圧保護オプション
    • パワーグッドウィンドコンパレータ
  • LDOセクション
    • 完全内蔵VTTおよびVTTR能力
    • VTTは±3Aのソース/シンク能力を装備
    • VTTおよびVTTR出力がVREFIN/2をトラッキング
    • セラミック出力コンデンサのみで設計可能
    • 入力電圧範囲:1.0V~2.8V
    • パワーグッドウィンドコンパレータ

アプリケーション/用途

  • DDR IおよびDDR IIメモリ電源
  • デスクトップコンピュータ
  • ゲームコンソール
  • グラフィックカード
  • ネットワーキング
  • ノートブックおよびデスクノート
  • RAID

説明

MAX8550/MAX8551は、VDDQを生成する同期式降圧型PWMコントローラ、VTTを生成するソース/シンク型LDOリニアレギュレータ、およびVTTRを生成する10mAのリファレンス出力バッファを内蔵しています。降圧型コントローラは2個の外付けNチャネルMOSFETを駆動して、2V~28Vの入力電圧から最低0.7Vの出力電圧を最大15Aの出力電流を可能として生成します。LDOレギュレータは、最大1.5Aの連続電流、3Aのピーク電流をシンクまたはソースすることができます。LDO出力および10mAのリファレンスバッファ出力はREFIN電圧をトラッキングすることができます。これらの機能によって、MAX8550/MAX8551はデスクトップ、ノートブック、およびグラフィックカードのDDRメモリアプリケーションに最適です。

MAX8550/MAX8551のPWMコントローラは、最高600kHzのプログラマブルスイッチング周波数で動作するマキシム独自のQuick-PWMアーキテクチャを採用しています。この制御方式は広い範囲の入力/出力電圧比を容易に処理し、高効率と比較的一定のスイッチング周波数を維持しながら、過渡負荷に100nsで応答します。MAX8550は、完全プログラマブルUVP/OVPとポータブルアプリケーションに最適なスキップモードオプションを備えています。スキップモードによって、軽負荷における効率が改善されます。デスクトップおよびグラフィックカードアプリケーションを対象とするMAX8551は、パルススキップ機能を備えていません。

VTTおよびVTTR出力は、1%以内の誤差でVREFIN/2をトラックします。このLDOレギュレータは広い帯域幅を持つため、大容量コンデンサを使う必要がなく、優れた過渡応答を実現し、コストとサイズを削減することができます。

降圧型コントローラとLDOレギュレータは、独立した電流制限値を備えています。ローサイドMOSFETのドレイン-ソース間の電圧降下を監視して、降圧型レギュレータの可変無損失フォールドバック電流制限を行います。さらに、過電圧および低電圧保護機構が内蔵されています。過電流状態が解除されると、レギュレータは、再びソフトスタートに移行することができます。このため、短絡状態における電力消費が最低限に抑制されます。MAX8550/MAX8551は、アクティブローSHDNA、アクティブローSHDNB、およびSTBY入力によって、フレキシブルな電源シーケンスとスタンバイ電源管理を実現します。

MAX8550とMAX8551はともに、小型、5mm x 5mmの28ピンTQFNパッケージで提供されます。

簡易ブロック図

MAX8550、MAX8551:標準動作回路 MAX8550、MAX8551:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。