先頭に戻る

PoL型、トラッキング、およびDDRメモリ電源用、デュアル同期降圧型コントローラ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • MAX8537/MAX8539:完全DDR電源
  • MAX8538:デュアル、非トラッキングコントローラ
  • 逆位相(MAX8537/MAX8538)または同相(MAX8539)動作
  • 広い入力範囲:4.5V~23V (5V外部電源を使用することで最低入力1.8Vまで動作)
  • トラッキング電源がVTT = VTTR = ½ VDDQを維持
  • 可変出力:0.8V~3.6V (精度1%)
  • VTTRリファレンスのソースおよびシンク電流:最大15mA
  • 可変スイッチング周波数:200kHz~1.4MHz
  • すべてのコンデンサをセラミックとすることが可能
  • 効率:90%以上
  • 独立したPOK_およびEN_
  • 各出力の可変ソフトスタートおよびソフトストップ
  • 無損失可変ヒカップ電流制限
  • 出力過電圧保護
  • 28ピンQSOPパッケージ

アプリケーション/用途

  • ブロードバンドルータ
  • DDRメモリ電源
  • ネットワーキングシステム
  • ノートブックおよびデスクノート
  • 高度VGAカード内パワーコンバイナ
  • パワーDSPコア電源
  • RAMBUSメモリ電源
  • サーバおよびストレージシステム
  • xDSLモデムおよびルータ

説明

コントローラのMAX8537/MAX8539は、ダブルデータレート(DDR)およびコンバイナの両電源に対する完全な電源管理ソリューションを提供します。MAX8537とMAX8539は、それぞれ逆位相と同相DDR電源動作用に構成され、メインメモリ電圧(VDDQ)、トラッキングシンキング/ソーシング終端電圧(VTT)、および終端リファレンス電圧(VTTR)の3つの出力を発生します。MAX8538は、POL (Point-Of-Load)電源用デュアル逆位相コントローラとして構成されます。各降圧型コントローラは、最大25Aのソースまたはシンク電流を流すことが可能で、終端リファレンスは最大15mAを供給することができます。

MAX8537/MAX8538/MAX8539では、動作周波数が200kHz~1.4MHzの一定周波数の電圧モード方式を使用しています。内蔵の広帯域(25MHz)オペアンプは、出力電圧を安定化するためのエラーアンプとして使用されます。このオペアンプによって高速過渡応答が可能になり、出力コンデンサの数を削減することができます。すべてをN-FETで設計したことで、効率とコストが最適化されます。MAX8537/MAX8538/MAX8539は、1%の正確なリファレンスを備えています。MAX8537/ MAX8539に内蔵された第2の同期式降圧型コントローラおよびVTTRアンプは、VTTおよびVTTRの½ VDDQを発生し、VDDQを±1%以内に維持します。

このファミリのコントローラは、電流制限用にハイサイド電流検出構成を採用しています。ILIMピンによって、様々な組合せの負荷電流およびRDSONに対して無損失電流制限値を可変設定することができます。これとは別に、ハイサイドFETに直列に検出抵抗器を接続すると、さらに高精度の過電流制限値が実現します。過電圧保護は、出力電圧がその設定出力の17%を超えたときハイサイドMOSFETをラッチオフし、ローサイドMOSFETをラッチオンすることによって実現します。イネーブル、パワーグッド、およびソフトスタートの各機能を独立させたことで、フレキシビリティを高めています。

簡易ブロック図

MAX8537、MAX8538、MAX8539:ピン配置 MAX8537、MAX8538、MAX8539:ピン配置 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。