先頭に戻る

MAX8529の評価キット

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX8529の評価キット Nov 19, 2003

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • DSL帯域で低出力ノイズ
  • セラミック入力/出力コンデンサ
  • フォールドバック電流制限
  • 8V~13.2Vの入力に最適化されたEVキット回路
  • 効率:85%以上
  • 固定周波数PWM動作
  • 可変スイッチング周波数:600kHz~1.5MHz
  • 外部SYNC入力
  • マスタ/スレーブ同期用のクロック出力
  • ソフトスタートおよびソフトストップ
  • /RESET出力:140msの遅延(min)
  • 無損失電流制限(検出抵抗不要)
  • 表面実装部品
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • ブロードバンドルータ
  • DSP、ASIC、およびFPGA電源
  • セットトップボックス
  • xDSLモデムおよびルータ

説明

MAX8529の評価キット(EVキット)は、デュアル、同期ステップダウンコントローラのMAX8529を検証する完全実装および試験済みの表面実装型回路基板です。このEVキットは、8V~13.2Vの入力電圧から1.8Vおよび3.3Vの出力電圧にステップダウンする回路が実装されています。いずれも3Aを供給することができます。スイッチング周波数は1.2MHzに設定され、外部抵抗によって、600kHz~1.5MHzに調整することができます。あるいは、このコントローラは、別のMAX8529やシステムクロックによって生成された外部クロックに同期させることができます。また、このデバイスは、ソフトスタートとソフトストップも備えています。MAX8529は、ローサイドMOSFETのオン抵抗を電流検出素子として利用しているため、電流検出抵抗が不要です。調整可能なフォールドバック電流制限によって、短絡状態時の電力消費が低減されます。MAX8529は、両方の出力がレギュレーションに達したときにシステムに通知するパワーオンリセット出力を備えています。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX8529の評価キット Nov 19, 2003

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。