先頭に戻る

WCDMAおよびcdmaOneハンドセット用75mΩバイパスFET付き、PWMステップダウンDC-DCコンバータ

WCDMAおよびcdmaOne™ハンドセット用、75mΩバイパスFET付き、PWMステップダウンDC-DCコンバータ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 75mΩ (typ)のバイバスFET内蔵
  • ドロップアウト:38mV (600mA負荷時)
  • 効率:最大94%
  • ダイナミック可変出力:0.4V~3.4V (MAX8506、MAX8507)
  • 外部設定固定出力:0.75V~3.4V (MAX8508)
  • 固定周波数PWMスイッチング:1MHz
  • 保証出力電流:600mA
  • シャットダウンモード時:0.1µA (typ)
  • 16ピンTQFN (4mm x 4mm、高さ0.8mm max)

アプリケーション/用途

  • WCDMA/NCDMA携帯電話
  • ワイヤレスモデム
  • ワイヤレスPDA、パームトップ、およびノートブックコンピュータ

説明

MAX8506/MAX8507/MAX8508は、PWMステップダウンDC-DCレギュレータと75mΩ (typ)のバイパスFETを内蔵し、WCDMAおよびcdmaOne™携帯電話のパワーアンプ(PA)に電源供給します。電源電圧範囲は2.6V~5.5Vで、保証出力電流は600mAです。PWMスイッチング周波数が1MHzであるため、小型の外付け部品を使用することができます。

MAX8506およびMAX8507をダイナミックに制御して、0.4V~3.4Vの間で出力電圧を変化させて供給することができます。MAX8508は、外部から0.75V~3.4Vの固定出力に設定されます。ディジタルロジックレベルの信号によって、バッテリに出力を直接接続するハイパワー(HP)バイパスモードが全バージョンで可能です。MAX8506/MAX8507/MAX8508は、出力電圧と負荷電流のフルスケール変化に対して30µs以内に出力がセトリングするように設計されています。

MAX8506/MAX8507/MAX8508は、4mm x 4mmの16ピンTQFNパッケージ(高さ0.8mm max)で提供されます。

簡易ブロック図

MAX8506、MAX8507、MAX8508:標準動作回路 MAX8506、MAX8507、MAX8508:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。