先頭に戻る

16A高性能4相バックレギュレータ、マルチコアCPUおよびGPUプロセッサ用

モバイルコアおよびGPUプロセッサの最高の過渡応答、精度、効率、およびサイズの新しい基準を設定

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.9
VIN (V) (max) 4.8
VOUT1 (V) (min) 0.25
VOUT1 (V) (max) 1.3
IOUT1 (A) (max) 16
Switch Type Internal
Preset VOUT (V) 0.9
Output Adjust. Method Digital/VID
Preset
Synchronous Switching? Yes
Power Good Signal Yes
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 2000
Design Tools EE-Sim
Package/Pins WLP/48
Budgetary
Price (See Notes)
0
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.9
VIN (V) (max) 4.8
VOUT1 (V) (min) 0.25
VOUT1 (V) (max) 1.3
IOUT1 (A) (max) 16
Switch Type Internal
Preset VOUT (V) 0.9
Output Adjust. Method Digital/VID
Preset
Synchronous Switching? Yes
Power Good Signal Yes
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 2000
Design Tools generateDesignEESIMUrl('http://maxim.transim.com/pwm2/designreq/Index?partId=7381', '')
Package/Pins WLP/48
Budgetary
Price (See Notes)
0

主な特長

  • 動作範囲
    • VIN:2.7V~4.8V
    • VOUT:0.25V~1.30V、5mVステップ
    • IOUT:最大16A
  • 高速負荷過渡応答
    • ドループ:25mV (FPWMおよびターボスキップモード時)
    • ドループ:40mV (スキップモード時)
    • 条件:3.7VIN、0.9VOUT、200mA~9.2A
  • 厳格なVOUT精度
    • 初期精度:0.28% (max) (0.9VOUT時)
    • ライン/温度にわたって1.5% (max)
    • 全負荷でのリップル:3mVP-P (typ)
  • 高効率
    • ピーク効率:89% (3.7VIN、0.9VOUT、3.5AOUT時)
    • 軽負荷時の自動回転位相拡散
  • 柔軟な機能
    • I2CインタフェースおよびEN、DVS、アクティブローIRQロジック端子
    • 設定可能なソフトスタートおよびDVSランプレート
    • 2つの温度アラームおよびPOK割込み
  • 小型ソリューションサイズ
    • 総面積:37mm2 (2012サイズのインダクタ使用時)
    • 総面積:41mm2 (2016サイズのインダクタ使用時)
    • WLPパッケージ (2.22mm x 2.92mm、0.35mmピッチ)

アプリケーション/用途

  • AI、マシンビジョン、エンベデッドマイクロプロセッサ
  • デジタル一眼、ミラーラス、アクションカメラ
  • ゲーム、ドローン、ロボット、VR
  • スマートフォン、タブレット、ウルトラブック

説明

MAX77874は、CPUおよびGPUマルチコアプロセッサ用の4相、大電流、ステップダウンバックレギュレータです。独自のIPによって、業界トップクラスの過渡応答、出力電圧精度、高効率、および超小型PCB実装面積を提供します。

出力電圧はI2Cで0.25V~1.30Vに5mVステップで設定可能です。出力電流能力は16Aです。回転位相拡散によって軽負荷での高効率および低リップルを確保し、負荷変動の全範囲にわたってシームレスに動作します。ターボスキップモードは、強制PWMモードと同じ過渡応答と、スキップモードと同等の軽負荷効率を組み合わせています。ソフトスタートおよびDVSランプレートはI2Cで設定可能で、専用のロジック入力を介して制御されます。

MAX77874は48ピンWLPアレイ(0.35mmピッチ)で提供され、-40℃~+85℃の温度範囲での動作が保証されています。

デザインソリューション:Extend the Run Time of Your Multi-Tasking Smartphone Design ›

簡易ブロック図

MAX77874:簡易ブロックダイアグラム MAX77874:簡易ブロックダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。