先頭に戻る

2.5V~16V入力、7Aスイッチング電流高効率バックブースト(昇降圧)

20W USB PD給電を1/3のソリューションサイズで実現

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 広い入力電圧範囲:2.5V~16V
  • デフォルト出力電圧
    • 5V (内部帰還抵抗使用時)
    • 3V~15V (外部帰還抵抗使用時)
  • I2C設定可能な出力電圧(起動後)
    • 4.5V~15V (内部帰還抵抗使用時)
    • 3.0V~15V (外部帰還抵抗使用時、フル・データシートの表1を参照)
  • 最大出力電流
    • バック(降圧)モード:最大6A
    • ブースト(昇圧)モード:最大4A (ブースト比1.3以下)
  • スイッチング電流:7A (typ)
  • RSELによる設定
    • I2Cインターフェース・スレーブ・アドレス
    • スイッチング電流制限スレッショルド
    • 内部/外部帰還抵抗
  • I2Cによる設定
    • 出力電圧(DVS)
    • 出力電圧変更のスルー・レート
    • スイッチング電流制限スレッショルド
    • スイッチング周波数
    • 強制PWMモード動作(FPWM)
    • パワーOK (POK)ステータスおよびフォルト割込みマスク
  • ソフトスタート
  • 出力アクティブ放電
  • オープンドレイン・パワーOK (POK)モニタおよびフォルト条件割込み(MAX77857B/Cのみ)
  • 保護機能
    • 低電圧ロックアウト(UVLO)
    • 過電流保護(OCP)
    • 過電圧保護(OVP)
    • サーマル・シャットダウン(THS)
  • 高密度相互接続(HDI) PCB不要(フル・データシートの「PCB Layout Guideline (PCBレイアウトのガイドライン)」の項を参照)
  • 35ピンWLPまたは31ピンWLP (2.83mm × 2.03mm)または16ピンFC2QFN (3.5mm × 3.5mm)パッケージ

アプリケーション/用途

  • USB Power Delivery (USB-PD) OTG
  • Qualcomm® Quick ChargeTM
  • USB VBUS電源およびDRP (デュアルロール電源)ポート
  • DSLR、DSLRレンズ
  • ディスプレイ電源
  • 最大3セルのリチウムイオンバッテリアプリケーション
  • ノートブックコンピュータ、タブレットPC

説明

MAX77857は高効率、高性能バックブースト(昇降圧)コンバータで、広い入力電圧範囲(2.5V~16V)が必要なシステムを対象としています。このデバイスは7Aのスイッチング電流を特長とし、バック(降圧)モードでは最大6Aの出力電流を供給可能で、ブースト(昇圧)モードでは最大4Aの出力電流を供給可能です(ブースト比1.3以下)。このデバイスはPWMモードで動作し、軽負荷効率を向上させるために自動SKIPモードを実装しています。

内部帰還抵抗を使用する場合、デフォルト出力電圧は5Vです。また、外部帰還抵抗を使用する場合、3V~15Vの範囲の任意のデフォルト出力電圧に設定することができます。出力電圧はI2Cシリアル・インターフェースを介して動的に調整可能です(フル・データシートの「Output Voltage Configuration (出力電圧の設定)」の項を参照)。

SEL端子によって、1つの外付け抵抗で4つの異なるI2Cインターフェース・スレーブ・アドレス、4つの異なるスイッチング電流制限スレッショルド、および外部/内部帰還抵抗の選択を設定することができます。異なるスイッチング電流制限スレッショルドによって、特定のアプリケーション用に最適化されたより薄型で小型の外付け部品の使用が可能です。外部帰還抵抗の使用によって、より広い出力電圧範囲およびカスタマイズ可能な起動時の出力電圧が可能になります。

I2Cシリアル・インターフェースはオプションで、出力電圧、出力電圧変更のスルー・レート、スイッチング電流制限スレッショルド、スイッチング周波数、および強制PWMモード動作を動的に制御することができます。I2C設定による設定はRSELのデコードによる設定よりも優先されます。

MAX77857は35ピンおよび31ピン・ウェーハ・レベル・パッケージ(WLP) (2.83mm × 2.03mm)および16ピン・フリップ・チップQFNパッケージ(FC2QFN) (3.5mm × 3.5mm)で提供されます。

簡易ブロック図

MAX77857:ファンクションダイアグラム MAX77857:ファンクションダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。