先頭に戻る

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX77812の評価キット Nov 22, 2019

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 出力電流:20A (max) (位相当り5A)
  • VIN範囲:2.5V~5.5V
  • VOUT範囲:0.250V~1.525V、5mVステップ
  • 差動検出での初期出力精度:±0.5%
  • 5つのユーザー選択可能な位相構成
  • ピーク効率:91% (VIN = 3.8V、VOUT = 1.1V)
  • 自動(SKIP/PWM)および強制PWMモード
  • 強化された負荷過渡応答
  • 設定可能なランプアップ/ダウンスルーレート
  • 設定可能な起動/シャットダウンシーケンス
  • UVLO、短絡、および熱保護
  • 2つのユーザー設定可能な汎用入力
  • 3.4MHzハイスピードI2Cおよび30MHz SPIインタフェース
  • 64ピンWLPパッケージ(3.408mm x 3.368mm)

    アプリケーション/用途

    説明

    MAX77812の評価キット(EVキット)は、MAX77812を実証する完全実装および試験済みのプリント基板(PCB)です。このEVキットによって、各機能の容易な評価が可能になります。このEVキットはユーザー設定可能なフェーズ構成に対応し、5つのオプションから1つを選択することができます。

    • シングル出力、4フェーズ構成(デフォルト)
    • デュアル出力、3 + 1フェーズ構成
    • デュアル出力、2 + 2フェーズ構成
    • 3出力、2 + 1 + 1フェーズ構成
    • 4出力、1 + 1 + 1 + 1フェーズ構成

    Micro-BのUSBケーブルがパッケージに付属し、USB-I2Cインタフェースの役割を果たして容易なテストを可能にします。Windows®ベースのソフトウェアは、MAX77812の機能を実行するための使いやすいインタフェースを提供します。このソフトウェアは、グラフィカルユーザーインタフェース(GUI)およびレジスタベースのインタフェースを提供します。

    簡易ブロック図

    MAX77812EVKIT:ボード写真 MAX77812EVKIT:ボード写真 Zoom icon

    Technical Docs

    データシート MAX77812の評価キット Nov 22, 2019

    サポートとトレーニング

    技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。