先頭に戻る

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX77801の評価キット Jun 04, 2015

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • レギュレータの入力/出力のケルビン検出端子によって高精度な測定を確保

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動アプリケーション
  • スマートフォンおよびタブレット

説明

MAX77801の評価キットは、I2C機能を備えた2A、バックブーストのICを実証します。このEVキットでは、ユーザーはI2Cインタフェースボード(MINIQUSBなど)なしでも、プリプログラムされた出力電圧を使用してMAX77801の性能を評価することが可能です。デフォルトでサポートされている2つの出力電圧は、3.3Vと3.4Vで、DVSをハイ/ローにプルすることによって設定可能です。I2Cインタフェースボード(使用する場合は追加注文が必要)によって、ユーザーは2.6V~4.1875Vの出力電圧を12.5mVステップで設定することができます。このEVキットは標準でMAX77801EWP+が実装されています。

MINIQUSBインタフェースボードを使用し、USBインターネットボードを介したPC通信を行うことができます。Windows® 2000、Windows XP®、Windows Vista®、およびWindows 7対応ソフトウェアとエクステンダボードによって、IBM対応のPCをUSBポートに使用してI2C 2線式インタフェースをエミュレートさせることができます。このメニュー式プログラムは制御ボタンを備えたグラフィカルユーザーインタフェース(GUI)を提供します。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX77801の評価キット Jun 04, 2015

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。