先頭に戻る

5.5V入力、2A、高効率バックブーストコンバータ

バックとブーストのモード間のシームレスな遷移を備えた2A高効率バック/ブースト動作

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Step-Down/Up Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.3
VIN (V) (max) 5.5
VOUT1 (V) (min) 2.6
VOUT1 (V) (max) 4.1875
IOUT1 (A) (max) 2
Switch Type Internal
Preset VOUT (V) 3.3
3.4
VOUT1 Tolerance (±%) 1
Output Adjust. Method Preset
Synchronous Switching? Yes
Power Good Signal Yes
ICC (mA) (max) 0.07
# DC-DC Outputs 1
Alternate Topology Step-Down
Step-Up
Switching Frequency (kHz) 2500
Design Tools EE-Sim
Package/Pins TQFN-CU/20
WLP/20
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Budgetary
Price (See Notes)
1.1
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Step-Down/Up Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.3
VIN (V) (max) 5.5
VOUT1 (V) (min) 2.6
VOUT1 (V) (max) 4.1875
IOUT1 (A) (max) 2
Switch Type Internal
Preset VOUT (V) 3.3
3.4
VOUT1 Tolerance (±%) 1
Output Adjust. Method Preset
Synchronous Switching? Yes
Power Good Signal Yes
ICC (mA) (max) 0.07
# DC-DC Outputs 1
Alternate Topology Step-Down
Step-Up
Switching Frequency (kHz) 2500
Design Tools generateDesignEESIMUrl('http://maxim.transim.com/pwm2/designreq/Index?partId=2344', '')
Package/Pins TQFN-CU/20
WLP/20
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Budgetary
Price (See Notes)
1.1

主な特長

  • VIN範囲:2.30V~5.5V
  • VOUT範囲:2.60V~4.18V (I2Cによって12.5mVステップで設定可能)
  • 出力電流:最大2A (ブーストモード、VIN = 3.0V、VOUT = 3.4V)
  • 出力電流:最大3A (バックモード)
  • ピーク効率:最大97%
  • SKIPモードによって最適な軽負荷効率を実現
  • 低自己消費電流:55µA (typ)
  • ハイスピードI2Cシリアルインタフェース:3.4MHz
  • 動的電圧スケーリング(DVS)機能
  • パワーOK出力
  • スイッチング周波数:2.5MHz
  • 保護機能
    • ソフトスタート
    • サーマルシャットダウン
    • 過電圧保護
    • 過電流保護
  • 20ピンWLP (1.827mm × 2.127mm)
  • 20ピンTQFN (4mm × 4mm)

アプリケーション/用途

  • AR/VRヘッドセット
  • ハンドヘルドスキャナ、モバイル決済端末、セキュリティカメラ
  • 1セル、リチウムイオンバッテリ動作機器

説明

MAX77801は高効率、ステップアップ/ステップダウン(バックブースト)コンバータで、1セル、リチウムイオンバッテリ動作のアプリケーションを対象としています。このデバイスは、2.3V~5.5Vの入力電圧範囲にわたって2.6V~4.18Vの安定化された出力電圧を維持します。このデバイスは、ブーストモードでは最大2A、バックモードでは最大3Aの出力電流に対応します。

このデバイスは、バックモードとブーストモード間をシームレスに遷移します。独自の制御アルゴリズムによって、高効率および優れた負荷/ライン過渡応答を実現します。専用のイネーブルおよびパワーOK端子によって、簡素なハードウェア制御が可能です。I2Cシリアルインタフェースは、動的電圧スケーリング、システム電源最適化、およびフォルトリードバック用にオプションで使用されます。

MAX77801は20ピンウェハレベルパッケージ(WLP) (1.83mm × 2.13mm)および20ピンTQFN (4mm × 4mm)で提供されます。

簡易ブロック図

MAX77801:標準アプリケーション回路 MAX77801:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。