先頭に戻る

マルチチャネル集積型パワーマネージメントICのMAX77714の評価キット

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート マルチチャネル集積型パワーマネージメントICのMAX77714の評価キット Jun 12, 2018

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • USB-I2Cコンバータによって容易な通信が可能
  • レベルトランスレータ(MAX3395)によってI2Cバス電圧を1.8V~3.3Vに調整可能
  • 内蔵の電子負荷によって容易な評価が可能
    • GUIによってバックコンバータとLDOの静的/動的負荷調整が可能
    • 外部ファンクションジェネレータによってMOSFETを駆動し、各レギュレータの過渡性能を評価することが可能
  • 実証済みPCBリファレンスデザインおよびレイアウト
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • AR/VRヘッドセット
  • 自動車用アフターマーケットアクセサリ
  • デジタルカメラ
  • ドローン
  • 携帯型ゲーム機
  • ホームオートメーションハブ
  • スマートフォン/タブレットPC
  • ストリーミング機器/セットトップボックス

説明

MAX77714の評価キット(EVキット)は、高集積PMICのMAX77714を実証する完全実装および試験済みのプリント基板(PCB)です。このデバイスは、システムオンチップ(SOC)アプリケーションプロセッサを使用するモバイル機器用の完全なパワーマネージメントIC (PMIC)です。このデバイスは、4つのバックレギュレータ、9つのロードロップアウトリニアレギュレータ、8つのGPIO、リアルタイムクロック(RTC)、バックアップバッテリチャージャ、双方向リセット入出力、割込み出力、およびシステムウォッチドッグタイマを内蔵しています。

また、このEVキットにはMAXQ2000マイクロコントローラコマンドモジュールも含まれており、電源シーケンス、個々のレギュレータ出力のオン/オフ、GPIO、RTC、およびレギュレータの出力電圧の設定を制御するためのI2Cインタフェースを提供します。

MAX77714の評価ソフトウェアが提供され、評価を容易に行うことができます。

簡易ブロック図

MAX77714EVKIT:ボード写真 MAX77714EVKIT:ボード写真 Zoom icon

Technical Docs

データシート マルチチャネル集積型パワーマネージメントICのMAX77714の評価キット Jun 12, 2018

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。