先頭に戻る

10V入力、4相設定可能、3A/相、高効率バックコンバータ

バッテリ寿命の延長とスペースの節約を実現する設定可能な4相バックコンバータ、1s/2sリチウムイオンバッテリで動作

製品詳細

MAX77511/MAX77711は、1s/2sリチウムイオンバッテリ入力用の4相、3A/相、設定可能1~4出力、ステップダウンバックレギュレータです。出力電圧はI2Cインタフェースを介して0.25V~5.2Vの範囲で設定可能です。このバックは、最大4つの安定化出力用に4つの組み合わせ可能な3Aスイッチング位相(Φ)を備えています。位相は4Φ、(3+1)Φ、(2+2)Φ、(2+1+1)Φ、または(1+1+1+1)Φのより高電流の多相出力に設定可能です。

6つのGPIOは、入出力拡張またはバックの状態および制御に利用することができます。疑似ランダムスペクトラム拡散変調はEMIを抑制します。ソフトスタート、ソフトストップ、およびDVSスルータイムはI2Cで設定可能です。MAX77711は300mAリニアレギュレータを提供します。

MAX77511/MAX77711は、64ピンウェハレベルパッケージ(WLP) (3.54mm × 3.54mm)で提供されます。

主な機能

  • 3A/相の設定可能バックレギュレータ
    • 出力電流能力:3A、6A、9A、または12A
  • 入力電圧範囲:2.3V~10V
  • 出力電圧範囲:0.25V~5.2V
    • ローレンジ:0.25V~1.3V (5mVステップ)
    • ハイレンジ:1V~5.2V (20mVステップ)
  • 端子設定可能な出力/位相(Φ)設定
    • 4Φ、(3+1)Φ、(2+2)Φ、(2+1+1)Φ、(1+1+1+1)Φ
  • 高効率および低発熱
  • 小型2520インダクタを使用
  • 公称スイッチング周波数:1MHz (位相当り)
    • 疑似ランダムスペクトラム拡散オプション
  • 6つの多機能GPIOによるハードウェアバック制御
    • イネーブル、DVS、FPWM、およびパワーOK
  • 300mA pMOS LDO (MAX77711のみ)
  • ソフトスタート/ストップを備えた柔軟な電源シーケンス内蔵
  • 保護機能
    • ハードおよびソフト短絡保護、UVLO、および過熱保護

アプリケーション/用途

  • DSLR、ミラーレス、HDビデオ、およびアクションカメラ
  • 2セルLi+/リチウムイオン機器
  • ノートブックコンピュータおよびロボット
  • エンベデッドマイクロプロセッサ、FPGA、またはASIC
Parametric specs for Step-Down (Buck) Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.3
VIN (V) (max) 10
VOUT1 (V) (min) 0.25
VOUT1 (V) (max) 5.2
IOUT1 (A) (max) 3
Switch Type Internal
Output Adjust. Method Preset or Adj
Synchronous Switching? Yes
Power Good Signal Yes
ICC (mA) (typ) 0.6
# DC-DC Outputs 4
Switching Frequency (kHz) 1000
Package/Pins WLP/64
Budgetary
Price (See Notes)
$2.14 @1k
View More

簡略化されたブロック図

MAX77511、MAX77711:簡易ブロックダイアグラム MAX77511、MAX77711:簡易ブロックダイアグラム Zoom icon

技術資料

設計開発

可能な場合は、下のタイトルをクリックして詳細ページを表示してください。

説明

MAX77511/MAX77711の評価キット(EVキット)は、パワーマネージメント集積回路(IC)のMAX77511またはMAX77711を実証する完全実装および試験済みプリント基板(PCB)です。

このEVキットはMAX77511またはMAX77711を使用するステップダウン電圧レギュレータ回路で、各機能の容易な評価が可能です。回路は2.3V~10Vの入力、3A/相の連続負荷、および0.25V~5.2Vの範囲で調整可能な出力電圧に対応します。このEVキットはMAX77511またはMAX77711のいずれかを評価します。両方のICはMAX77711が300mA LDOを内蔵していること以外は同一です。

このEVキットは、各コンバータ位相(Φ)設定の評価に対応します。

  • 4Φ (12A単一出力)
  • 3Φ + 1Φ (9A出力 + 3A出力)
  • 2Φ + 2Φ (6A出力 + 6A出力)
  • 2Φ + 1Φ + 1Φ (6A出力 + 3A出力 + 3A出力)
  • 1Φ + 1Φ + 1Φ + 1Φ (4つの3A出力)

3つのボード上の過渡負荷によって、ユーザーはバックレギュレータまたはLDOの完全な機能を実行することが可能です。Windowsベースのソフトウェアは、使いやすいグラフィカルユーザーインタフェース(GUI)およびICの全機能を実行するための詳細なレジスタベースのインタフェースを提供します。

詳細を見る

特徴

  • 実証済みPCBリファレンスデザインおよびレイアウト
  • 完全実装および試験済み
  • 全位相設定の簡便な評価
    • 0Ω抵抗によって多相設定を迅速に作成
    • ENSEQ、GPIO、nRSTIO、およびPHCFGのジャンパおよびテストポイント
    • GUIによってI2Cインタフェースを駆動しオプションのソフトウェア制御を実現
  • 0Ω抵抗で分離可能な入力によってプロトタイプ作成に対応
  • USB-I2CコンバータによってWindows PCとの容易な通信が可能
    • WindowsソフトウェアGUIによってレジスタを制御
    • レベルトランスレータ(MAX3395)によってI2Cバス電圧を1.8V~3.3Vに調整可能
  • ボード上の過渡負荷によってシステム負荷をエミュレート
    • 完全な12A負荷範囲に対応(4Φ設定)
    • 外付けのファンクションジェネレータを使用する制御

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

Search our knowledge base for answers to your technical questions.

フィルタリングされた検索

Our dedicated team of Applications Engineers are also available to answer your technical questions. Visit our support portal.

パラメーター

Parametric specs for Step-Down (Buck) Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.3
VIN (V) (max) 10
VOUT1 (V) (min) 0.25
VOUT1 (V) (max) 5.2
IOUT1 (A) (max) 3
Switch Type Internal
Output Adjust. Method Preset or Adj
Synchronous Switching? Yes
Power Good Signal Yes
ICC (mA) (typ) 0.6
# DC-DC Outputs 4
Switching Frequency (kHz) 1000
Package/Pins WLP/64
Budgetary
Price (See Notes)
$2.14 @1k

主な機能

  • 3A/相の設定可能バックレギュレータ
    • 出力電流能力:3A、6A、9A、または12A
  • 入力電圧範囲:2.3V~10V
  • 出力電圧範囲:0.25V~5.2V
    • ローレンジ:0.25V~1.3V (5mVステップ)
    • ハイレンジ:1V~5.2V (20mVステップ)
  • 端子設定可能な出力/位相(Φ)設定
    • 4Φ、(3+1)Φ、(2+2)Φ、(2+1+1)Φ、(1+1+1+1)Φ
  • 高効率および低発熱
  • 小型2520インダクタを使用
  • 公称スイッチング周波数:1MHz (位相当り)
    • 疑似ランダムスペクトラム拡散オプション
  • 6つの多機能GPIOによるハードウェアバック制御
    • イネーブル、DVS、FPWM、およびパワーOK
  • 300mA pMOS LDO (MAX77711のみ)
  • ソフトスタート/ストップを備えた柔軟な電源シーケンス内蔵
  • 保護機能
    • ハードおよびソフト短絡保護、UVLO、および過熱保護

アプリケーション/用途

  • DSLR、ミラーレス、HDビデオ、およびアクションカメラ
  • 2セルLi+/リチウムイオン機器
  • ノートブックコンピュータおよびロボット
  • エンベデッドマイクロプロセッサ、FPGA、またはASIC

説明

MAX77511/MAX77711は、1s/2sリチウムイオンバッテリ入力用の4相、3A/相、設定可能1~4出力、ステップダウンバックレギュレータです。出力電圧はI2Cインタフェースを介して0.25V~5.2Vの範囲で設定可能です。このバックは、最大4つの安定化出力用に4つの組み合わせ可能な3Aスイッチング位相(Φ)を備えています。位相は4Φ、(3+1)Φ、(2+2)Φ、(2+1+1)Φ、または(1+1+1+1)Φのより高電流の多相出力に設定可能です。

6つのGPIOは、入出力拡張またはバックの状態および制御に利用することができます。疑似ランダムスペクトラム拡散変調はEMIを抑制します。ソフトスタート、ソフトストップ、およびDVSスルータイムはI2Cで設定可能です。MAX77711は300mAリニアレギュレータを提供します。

MAX77511/MAX77711は、64ピンウェハレベルパッケージ(WLP) (3.54mm × 3.54mm)で提供されます。

簡略化されたブロック図

MAX77511、MAX77711:簡易ブロックダイアグラム MAX77511、MAX77711:簡易ブロックダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

Search our knowledge base for answers to your technical questions.

フィルタリングされた検索

Our dedicated team of Applications Engineers are also available to answer your technical questions. Visit our support portal.