先頭に戻る

MAX756、MAX757の評価キット

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX756、MAX757の評価キット Jan 01, 1995

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • Operates Down to 0.7V Input Supply Voltage
  • 87% Efficiency at 200mA
  • 60µA Quiescent Current
  • 20µA Shutdown Mode with Active Reference and LBI Detector
  • 500kHz Maximum Switching Frequency
  • ±1.5% Reference Tolerance Over Temperature
  • Low-Battery Detector (LBI/LBO)
  • 8-Pin DIP and SO Packages
  • Surface-Mount Construction
  • Fully Assembled and Tested

アプリケーション/用途

説明

The MAX756 evaluation kit (EV kit) is a fully assembled and tested surface-mount printed circuit board. It can also be modified to fit the adjustable-output MAX757. The MAX756/MAX757 are CMOS, step-up, DC-DC switching regulators for small, low input voltage or battery-powered systems. The MAX756 accepts a positive input voltage down to 0.7V and converts it to a higher pin-selectable output voltage of 3.3V or 5V. The MAX757 is an adjustable version that accepts an input voltage down to 0.7V and generates a higher adjustable output voltage in the 2.7V to 5.5V range. Typical full-load efficiencies for the MAX756/MAX757 are greater than 87%.

A movable jumper selects either 3.3V or 5.0V output voltage, and additional pads on the bottom of the board are provided to place resistors for the LBI/LBO low-battery detector and MAX757 output adjustment.

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX756、MAX757の評価キット Jan 01, 1995

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。