先頭に戻る

MAX749の評価キット

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX749の評価キット Feb 01, 1995

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 入力電圧:2.7V~6V
  • 可変出力電圧:-8.0V~-23.6V
  • 出力電流:
    • 40mA (+5V入力)
    • 15mA (+3V入力)
  • µPへのインタフェースが容易
  • 押しボタンによる出力電圧制御

アプリケーション/用途

  • 通信システム
  • ラップトップコンピュータ
  • ノートブックコンピュータ
  • パームトップコンピュータ
  • PDAおよびその他のハンドヘルド機器
  • ポータブルデータ収集端末

説明

LCDバイアス電源MAX749は+3V~+5Vの電源供給時に、可変の負出力電圧を生成します。MAX749の評価キット(EVキット)の出力電圧範囲は-8.0V~-23.6Vの可変です。これは液晶ディスプレイ(LCD)のバックプレーンを駆動する標準的な範囲です。

EVキットのプリント基板上にある2つの押しボタンスイッチによって出力電圧が制御されます。1つのスイッチはCTRL端子に接続され、もう1つはADJ端子に接続されています。外付けコントローラからのロジック信号は、オプションの出力電圧制御用としてボードに接続できます。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX749の評価キット Feb 01, 1995

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。