先頭に戻る

デジタル調節可能なLCDバイアス電源

-100V以上生成可能

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Inverting Switching Regulators
VIN (V) (min) 2
VIN (V) (max) 6
VOUT1 (V) (min) -2
VOUT1 (V) (max) -100
IOUT1 (A) (max) 0.1
Switch Type External
Output Adjust. Method Resistor
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 500
Package/Pins PDIP/8
SOIC (N)/8
Budgetary
Price (See Notes)
3.11
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Inverting Switching Regulators
VIN (V) (min) 2
VIN (V) (max) 6
VOUT1 (V) (min) -2
VOUT1 (V) (max) -100
IOUT1 (A) (max) 0.1
Switch Type External
Output Adjust. Method Resistor
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 500
Package/Pins PDIP/8
SOIC (N)/8
Budgetary
Price (See Notes)
3.11

主な特長

  • 入力電圧範囲:+2.0V~+6.0V
  • フレキシブルな出力電圧制御:
    • ディジタル制御
    • ポテンショメータ調整
    • PWM制御
  • 1個の抵抗で出力電圧範囲を設定
  • 低自己消費電流:60µA (max)
  • シャットダウンモード:15µA (max)
  • 小型8ピンSOおよびプラスチックDIPパッケージ

アプリケーション/用途

  • 通信システム
  • ラップトップコンピュータ
  • ノートブックコンピュータ
  • パームトップコンピュータ
  • PDAおよびその他のハンドヘルド機器
  • ポータブルデータ収集端末

説明

MAX749は、2V~6Vの入力から負のLCDバイアスコントラスト電圧を生成します。フルスケール出力電圧は-100V以上に設定可能で、内蔵のディジタル-アナログコンバータ(DAC)によって64ステップでディジタル調整することができます。また、わずか7個の小型表面実装型の外付け部品の使用で完全な電源が構成可能で、出力電圧もPWM信号またはポテンショメータによって調整することができます。

MAX749は、ユニークな電流制限制御方式を採用しており、消費電流の低減、高効率化が可能で、また、高スイッチング周波数(最大500kHz)によって、外付け部品の小型化が可能です。自己消費電流はわずか60µA (max)で、シャットダウンモードでは、15µA以下に低下します。また、シャットダウン時も、MAX749は電圧設定ポイントを維持するため、ソフトウェアの制御が簡素化されます。MAX749は、外付けPチャネルMOSFETあるいはPNPトランジスタを駆動します。

簡易ブロック図

MAX749:標準動作回路 MAX749:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。