先頭に戻る

MAX7307の評価キット/評価システム

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

技術資料

データシート MAX7307の評価キット/評価システム Sep 28, 2007

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 400kHz、5.5V耐圧の2線式シリアルインタフェース
  • 動作電源:1.62V~3.6V (VDD)
  • I/Oレベル変換ポート電源:1.4V~5.5V (VLA)
  • 大出力シンク電流:ポート当り25mA (max)
  • 実証済みのPCBレイアウト
  • Windows 98SE/2000/XP対応の評価ソフトウェア
  • 完全実装および試験済み
  • USB接続可能なEVシステム

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • LCD/キーパッドバックライト
  • LEDステータスインジケータ
  • システムI/Oポート

説明

MAX7307の評価キット(EVキット)は、ラッチ遷移検出、点滅、およびPWM付き、4ポートレベル変換GPIOのMAX7307の各機能を検証する完全実装および試験済みプリント回路基板(PCB)です。また、MAX7307のEVキットは、MAX7307の各機能を実行するための簡易なグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を備えたWindows® 98SE/2000/XP対応ソフトウェアも同梱しています。

MAX7307の評価システム(EVシステム)は、MAX7307のEVキットとマキシムCMAXQUSBシリアルインタフェースボードを搭載しています。

CMAXQUSBボードはPCのUSBポートに接続され、I²CコマンドをMAX7307のEVキットに転送することができます。

このEVキットには、MAX7307ALB+が搭載されています。

技術資料

データシート MAX7307の評価キット/評価システム Sep 28, 2007

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。