先頭に戻る

DAC制御ブーストインバータ、内部スイッチ付き、LCDバイアス電源

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Inverting Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 5.5
VOUT1 (V) (min) -27.5
VOUT1 (V) (max) 27.5
IOUT1 (A) (max) 0.1
Switch Type Internal
Output Adjust. Method Digital
Resistor
# DC-DC Outputs 1
Alternate Topology Step-Up
Switching Frequency (kHz) 300
Package/Pins QSOP/16
Budgetary
Price (See Notes)
4.15
Parametric specs for Step-Up Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 5.5
IOUT1 (A) (max) 0.1
Switch Type Internal
Output Adjust. Method Digital
Resistor
ICC (mA) (typ) 0.065
Shutdown Mode Supply Current (µA) (typ) 1.3
Shutdown Mode Supply Current (µA) (max) 4
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 300
Package/Pins QSOP/16
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Inverting Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 5.5
VOUT1 (V) (min) -27.5
VOUT1 (V) (max) 27.5
IOUT1 (A) (max) 0.1
Switch Type Internal
Output Adjust. Method Digital
Resistor
# DC-DC Outputs 1
Alternate Topology Step-Up
Switching Frequency (kHz) 300
Package/Pins QSOP/16
Budgetary
Price (See Notes)
4.15
Parametric specs for Step-Up Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 5.5
IOUT1 (A) (max) 0.1
Switch Type Internal
Output Adjust. Method Digital
Resistor
ICC (mA) (typ) 0.065
Shutdown Mode Supply Current (µA) (typ) 1.3
Shutdown Mode Supply Current (µA) (max) 4
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 300
Package/Pins QSOP/16

主な特長

  • 内部500mA、28V Nチャネルスイッチ(外部FET不要)
  • 出力電圧:+27.5V~-27.5Vの範囲で調整可能
  • 6ビットDAC制御出力電圧
  • 効率:最高90%
  • パッケージ:小型16ピンQSOPパッケージ(8ピンSOと同サイズ)
  • パワーOKインジケータ
  • 自己消費電流:65µA
  • シャットダウン電流:1.5µA
  • スイッチング周波数:最高300kHz

アプリケーション/用途

  • ノートブックコンピュータ
  • パームトップコンピュータ
  • PDAおよびその他のハンドヘルド機器
  • ポータブルデータ収集端末
  • 正負LCDバイアス
  • バラクタ同調ダイオードバイアス

説明

MAX686は、正入力電圧を+27.5Vまたは-27.5Vまでの負LCDバイアス電圧に変換するDAC制御ブースト/インバータICです。このデバイスは内部NチャネルMOSFETスイッチ、プログラマブル電流制限および出力電圧のディジタル調整用6ビットDACを包含し、小型16ピンQSOPパッケージ(8ピンSOパッケージと同サイズ)で提供されています。

MAX686は広範囲の負荷で高い効率を提供するために、電流制限パルス周波数変調(PFM)制御を使用しています。スイッチング周波数は高くなっているため(300kHzまで)、小型の外部コンポーネントも利用できます。

ディスプレイロジック電圧を排除すると、LCDON出力によってLCDバイアス電圧が自動的にディセーブルされ、ディスプレイが保護されるようになっています。MAX686のIC用入力電圧範囲は+2.7V~+5.5V、インダクタ用の入力電圧範囲は+0.8V~+27.5Vです。自己消費電流は65µA (typ)、シャットダウン電流は1.5µAとなっています。

MAX686は省スペース、消費電力の低減およびバッテリ寿命の延長を目的として高集積化されているため、バッテリ駆動の携帯機器用に最適です。MAX629はMAX686と同じ機能を提供しますが、DACは組み込まれていません。これらのデバイスには、設計を容易にするための評価キットも用意されています。

簡易ブロック図

MAX686:標準動作回路 MAX686:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。