先頭に戻る

デュアル出力(正および負)、CCDおよびLCD用DC-DCコンバータ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Inverting Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 5.5
VOUT1 (V) (min) 2.7
VOUT1 (V) (max) 24
IOUT1 (A) (max) 0.01
Switch Type Internal
Output Adjust. Method Resistor
# DC-DC Outputs 2
Alternate Topology Step-Up
Switching Frequency (kHz) 480
Package/Pins QSOP/16
TQFN/24
Parametric specs for Step-Up Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 5.5
VOUT1 (V) (min) 2.7
VOUT1 (V) (max) 24
IOUT1 (A) (max) 0.01
Switch Type Internal
Output Adjust. Method Resistor
ICC (mA) (typ) 0.8
Shutdown Mode Supply Current (µA) (typ) 0.1
Shutdown Mode Supply Current (µA) (max) 1
# DC-DC Outputs 2
Switching Frequency (kHz) 480
Package/Pins QSOP/16
TQFN/24
Budgetary
Price (See Notes)
4.26
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Inverting Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 5.5
VOUT1 (V) (min) 2.7
VOUT1 (V) (max) 24
IOUT1 (A) (max) 0.01
Switch Type Internal
Output Adjust. Method Resistor
# DC-DC Outputs 2
Alternate Topology Step-Up
Switching Frequency (kHz) 480
Package/Pins QSOP/16
TQFN/24
Parametric specs for Step-Up Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 5.5
VOUT1 (V) (min) 2.7
VOUT1 (V) (max) 24
IOUT1 (A) (max) 0.01
Switch Type Internal
Output Adjust. Method Resistor
ICC (mA) (typ) 0.8
Shutdown Mode Supply Current (µA) (typ) 0.1
Shutdown Mode Supply Current (µA) (max) 1
# DC-DC Outputs 2
Switching Frequency (kHz) 480
Package/Pins QSOP/16
TQFN/24
Budgetary
Price (See Notes)
4.26

主な特長

  • 単一のインダクタを用いたデュアル出力
  • 低ノイズ出力:リップル30mVp-p
  • 出力電圧:最高24V、最低-9V (部品の追加により最高45V、最低-16Vまで可能)
  • 小型24ピン4mm x 4mmのTQFNパッケージにパワースイッチを内蔵
  • 220kHz/400kHz固定周波数PWM動作
  • 周波数は外部クロックに同期可能
  • パワーOKインジケータ
  • パワーオンシーケンスは選択可能
  • ロジック制御シャットダウン電流:0.1µA

アプリケーション/用途

  • カムコーダ
  • CCD画像処理機器
  • デジタルカメラ
  • LCD
  • ノートブックコンピュータ

説明

MAX685はCCD画像処理デバイスおよびLCD駆動用の低ノイズデュアル出力を提供するDC-DCコンバータです。本デバイスは単一のインダクタを使って個別に安定化された正および負の出力を提供します。スペースおよびコストを削減するために、パワースイッチが小型24ピン4mm x 4mmのTQFNパッケージに内蔵されています。16ピンQSOPパッケージも提供されています。

各出力は+2.7V~+5.5Vの入力電圧範囲から最大10mAを供給します。出力電圧は個別に最高24V、最低-9Vまで設定できます。低コスト部品をいくつか追加するだけで、出力電圧を最高45V、最低-16Vまで設定することができます。出力リップルは30mVp-pです。MAX685は固定周波数(220kHzまたは400kHz)のパルス幅変調(PWM)制御方式を採用しているため、出力ノイズの除去が可能で、しかも外付部品のサイズを小さくすることができます。この周波数は200kHz~480kHzの外部クロック信号に同期させることもできます。

MAX685は、両方の出力が安定化範囲にあることを知らせるパワーOKインジケータ出力(POK)を備えています。ロジック制御シャットダウンにより両方の出力を完全にターンオフし、消費電流を0.1µAまで低減します。ユーザはどちらの出力を先にターンオンするかを設定することができます。

設計時間を短縮するための実装済みMAX685の評価キットも用意されています。

簡易ブロック図

MAX685:標準動作回路 MAX685:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。