先頭に戻る

MAX668、MAX669の評価キット

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX668、MAX669の評価キット Aug 01, 1998

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • +3V~VOUTの入力電圧範囲(出荷時の設定)
  • +12Vまたは可変出力電圧
  • 1Aまでの出力電流
  • 外部NチャネルMOSFET
  • 4µAのICシャットダウン電流
  • 500kHzのスイッチング周波数
  • 表面実装部品
  • 完全アセンブリおよびテスト済み

アプリケーション/用途

説明

MAX668の評価キット(EVキット)には一定周波数のパルス幅変調(PWM)ステップアップコントローラ、外部NチャネルMOSFETおよびショットキダイオードが実装されており、安定化された出力電圧を供給します。このEVキットは+3VからVOUTまでの範囲内の入力電圧を受け付けて、これを1Aまでの電流で+12V出力に変換し、90%以上の変換効率を達成します。このEVキットは500kHzで動作するので、小さな外付部品を使用することが可能です。

MAX668のEVキットは、完全にアセンブリおよびテスト済みの表面実装回路基板です。このEVキットは、フルデータシートの「EVキットのアプリケーション回路特性」の表に載っているアプリケーション回路に設定することも可能です。入力電圧が3Vよりも低い場合および最低1.8Vまでの場合には、MAX668をMAX669に交換してください。MAX669は常にブートストラップモードで使用することが必要です(JU2のピン1および2間をシャント)。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX668、MAX669の評価キット Aug 01, 1998

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。