先頭に戻る

28V、低電力、高電圧、ブーストまたは反転DC-DCコンバータ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Inverting Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 5.5
VOUT1 (V) (min) -28
VOUT1 (V) (max) 28
IOUT1 (A) (max) 0.5
Switch Type Internal
Output Adjust. Method Resistor
# DC-DC Outputs 1
Alternate Topology Step-Up
Switching Frequency (kHz) 300
Package/Pins SOIC (N)/8
Budgetary
Price (See Notes)
3.72
Parametric specs for Step-Up Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 5.5
VOUT1 (V) (max) 28
IOUT1 (A) (max) 0.5
Switch Type Internal
Output Adjust. Method Resistor
ICC (mA) (typ) 0.08
Shutdown Mode Supply Current (µA) (typ) 0.04
Shutdown Mode Supply Current (µA) (max) 1
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 300
Package/Pins SOIC (N)/8
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Inverting Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 5.5
VOUT1 (V) (min) -28
VOUT1 (V) (max) 28
IOUT1 (A) (max) 0.5
Switch Type Internal
Output Adjust. Method Resistor
# DC-DC Outputs 1
Alternate Topology Step-Up
Switching Frequency (kHz) 300
Package/Pins SOIC (N)/8
Budgetary
Price (See Notes)
3.72
Parametric specs for Step-Up Switching Regulators
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 5.5
VOUT1 (V) (max) 28
IOUT1 (A) (max) 0.5
Switch Type Internal
Output Adjust. Method Resistor
ICC (mA) (typ) 0.08
Shutdown Mode Supply Current (µA) (typ) 0.04
Shutdown Mode Supply Current (µA) (max) 1
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 300
Package/Pins SOIC (N)/8

主な特長

  • 内部500mA、28V Nチャネルスイッチ(外部FET不要)
  • 正または負の出力電圧を発生
  • 消費電流:80µA
  • 最大シャットダウン電流:1µA
  • スイッチング周波数:最大300kHz
  • 可変電流リミットにより、小型で安価なインダクタが使用可能
  • パッケージ:8ピンSO

アプリケーション/用途

  • 2セルおよび3セルバッテリ駆動アプリケーション
  • 高効率DC-DC昇圧コンバータ
  • パームトップコンピュータ
  • 正負LCDバイアス生成器
  • バラクタ同調ダイオードバイアス

説明

MAX629は、内部NチャネルMOSFETスイッチおよびプログラマブル電流制限機能を備えた低電力のDC-DCコンバータです。本製品は、0.8V~VOUTの入力電圧から最大±28Vの正または負バイアス電圧を供給するように設計されています。ブースト、フライバックおよびSEPICトポロジーが可能になっています。

MAX629の電流制限パルス周波数変調(PFM)制御方式は、広範囲の負荷条件において高効率を提供します。0.5A NチャネルMOSFETスイッチを内蔵しているため全部品点数が削減され、スイッチング周波数が高いため(300kHzまで)、超小型の表面実装コイルが使用できます。

MAX629は、低消費電流、ロジック制御シャットダウン、小型パッケージおよび超小型外部部品といった特長を備えているため、バッテリ駆動アプリケーションに最適な超小型の高効率高電圧バイアスの解決法となっています。MAX629は、8ピンSOパッケージで提供されています。

簡易ブロック図

 

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。