先頭に戻る

IEEE 802.3af準拠、高効率、クラス1/クラス2、受電機器、DC-DCコンバータ内蔵

PoEアプリケーション用高集積受電機器で部品コストを削減

製品の詳細

主な特長

非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

主な特長

  • 高集積化によってスペースとBOMコストを節約
    • 高効率の内蔵DC-DCコンバータ(スイッチ内蔵)
    • 出力電圧監視機能内蔵
    • 過負荷、出力短絡、出力過電圧、および過熱から保護
    • 内蔵TVSダイオードによってケーブル放電イベント(CDE)耐性を実現
    • 最大100mA負荷のLDOレギュレータ内蔵
  • アプリケーション固有の機能によって設計を加速
    • IEEE 802.3af準拠
    • 単一抵抗で設定されたPoEクラス1/クラス2分類
    • インテリジェントな電力維持シグネチャ(MPS)
    • ACアダプタインタフェースを簡素化
    • 2kV、200m CAT-6ケーブル放電イベントに合格
  • 軽負荷時の高効率によって消費電力を低減
    • スリープおよび超低電力モード
    • 周波数フォールドバックによって高効率軽負荷動作を実現
    • バックバイアス機能によって効率を最適化
  • 堅牢な性能
    • 広い入力電圧範囲:8.8V~60V
    • ヒカップモード暴走電流制限
    • 突入電流制限:49mA (typ)
    • オープンドレイン(アクティブローRESET)出力
  • 容易な設計
    • 設定可能な出力電圧範囲:3.0V~14V
    • 内部補償
    • 固定スイッチング周波数:215kHz
    • 出力電圧(LDO):固定3.3Vまたは外付け抵抗分圧器による可変

アプリケーション/用途

  • IEEE® 802.3af受電機器
  • IP電話
  • IPセキュリティカメラ
  • WiMAX®基地局
  • 無線アクセスノード

説明

MAX5988A/MAX5988Bは、Power over Ethernet (PoE)システムにおけるIEEE® 802.3af準拠クラス1/クラス2受電機器(PD)として完全な電源ソリューションを提供します。これらのデバイスは、高効率のDC-DCコンバータとのPDインタフェースを備え、外付け部品数の少ないPDソリューションを提供します。また、いずれのデバイスも低ドロップアウトレギュレータ、MPS (電力維持シグネチャ)、スリープ、および超低電力モードを備えています。

PDインタフェースは、単一の外付け抵抗によって検出シグネチャ、およびクラス1/クラス2分類シグネチャを提供します。PDインタフェースは、アイソレーションパワーMOSFET、60mA (max)突入電流制限、および321mA (typ)動作電流制限も提供します。

内蔵のステップダウンDC-DCコンバータは、ピーク電流制御モード方式を使用し、高速過渡応答を備えた実装しやすいアーキテクチャを提供します。このステップダウンコンバータは、8.8V~60Vの広い入力電圧範囲で動作し、1.3A負荷において最大6.49Wの入力電力をサポートします。このDC-DCコンバータは、215kHzの固定スイッチング周波数で動作し、効率増加の周波数フォールドバックを備え、軽負荷時のスイッチング周波数が半分に低減されます。

これらのデバイスは、幅の広いヒステリシスと長いデグリッチ時間付きの入力低電圧ロックアウト(UVLO)を備えており、ツイストペアケーブルの抵抗によるドロップを補償し、パワーオン/オフ状態時のグリッチフリー遷移を保証します。これらのデバイスは、過熱シャットダウン、短絡保護、出力過電圧保護、およびヒカップ電流制限も備え、性能と信頼性を高めています。

各デバイスは、20ピンTQFNパワーパッケージ(4mm × 4mm)で提供され、-40℃~+85℃の温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

MAX5988A、MAX5988B:ファンクションダイアグラム MAX5988A、MAX5988B:ファンクションダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。