先頭に戻る

IEEE 802.3af/at準拠、受電機器インタフェースコントローラ、パワーMOSFET内蔵

超低電力スリープモードは、欧州委員会のブロードバンド機器のエネルギー消費に関する行動規範に適合

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Powered Devices
Compliance IEEE 802.3af
IEEE 802.3at
RDS(ON) (Ω) (PD MOSFET) 0.5
PWM No
UVLO Threshold (V) 35.4
Package/Pins TQFN/16
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Budgetary
Price (See Notes)
2.96
全て表示する

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Powered Devices
Compliance IEEE 802.3af
IEEE 802.3at
RDS(ON) (Ω) (PD MOSFET) 0.5
PWM No
UVLO Threshold (V) 35.4
Package/Pins TQFN/16
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Budgetary
Price (See Notes)
2.96

主な特長

  • スリープモードおよび超低電力
  • IEEE 802.3af/at準拠
  • 2イベント分類または外部ACアダプタインジケータ出力
  • ACアダプタインタフェースを簡素化
  • PoE分類0~5
  • 入力の絶対最大定格:100V
  • 突入電流制限:180mA (max)
  • 通常動作時の電流制限:720mA~880mA
  • 電流制限およびフォールドバック
  • レガシーUVLO (36V時)
  • プログラム可能なLED電流を備えたLEDドライバ
  • 温度過昇保護
  • 放熱特性を高めた5mm x 5mmの16ピンTQFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • IEEE 802.3af/at受電機器
  • IP電話、ワイヤレスアクセスノード、IPセキュリティカメラ
  • WiMAX基地局

説明

MAX5981は、Power over Ethernet (PoE)システムにおけるIEEE® 802.3af/at規格に準拠する受電機器(PD)用の完全なインタフェースを提供します。MAX5981は、検出シグネチャ、分類シグネチャ、および突入電流制御を備えた内蔵アイソレーションパワースイッチをPDに提供します。突入期間の間、MAX5981は、アイソレーションパワーMOSFETが完全にエンハンスされたときに720mA~880mAのより高い電流制限に切り替える前に、電流を180mA以下に制限します。このデバイスは、幅の広いヒステリシスと長いデグリッチ時間内蔵の入力UVLOを備えており、ツイストペアケーブルの抵抗によるドロップを補償し、パワーオン/オフ状態時のグリッチフリー遷移を保証します。MAX5981は、入力において最大100Vに耐えることができます。

MAX5981は、IEEE 802.3at規格に規定された2イベント分類方式に対応し、タイプ2給電機器(PSE)によるプローブ時に示す信号を提供します。このデバイスは、ACアダプタの電源接続の存在を検出して、PoE電源からACアダプタへのスムーズな切替えを可能にします。

また、MAX5981はパワーグッド(PG)信号、2段階の電流制限およびフォールドバック、温度過昇保護、およびdi/dt制限も提供します。MAX5981のスリープモード機能は、電力維持シグネチャ(MPS)をサポートしながら、低消費電力を提供します。MAX5981の超低電力スリープモード機能によって、MPSをサポートしながら、さらに消費電力を低減します。MAX5981はLEDドライバも備えており、スリープモード時は自動的にアクティブ化されます。スリープモード時、LEDドライバは250Hz (MAX5981A)または15.625kHz (MAX5981B)の周期電流(ILED)をソースします。

MAX5981は、5mm x 5mmの16ピンTQFNパワーパッケージで提供されます。このデバイスは、-40℃~+85℃の拡張温度範囲で動作します。

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。