先頭に戻る

パワーMOSFET内蔵、IEEE 802.3af/at準拠、パワーデバイスインタフェースコントローラ

PoE+アプリケーションを対象としたIEEE 802.3af/at準拠パワーデバイスインタフェースコントローラ

製品の詳細

MAX5969A/MAX5969Bは、Power over Ethernet (PoE)システムにおけるIEEE® 802.3af/at規格に準拠する受電機器(PD)用の完全なインタフェースを提供します。MAX5969A/MAX5969Bは、検出シグネチャ、分類シグネチャ、および突入電流制御を備えた内蔵アイソレーションパワースイッチをPDに提供します。突入期間の間、MAX5969A/MAX5969Bは、アイソレーションパワーMOSFETが完全にエンハンスされたときに720mA~880mAのより高い電流制限に切り替える前に、電流を180mA以下に制限します。このデバイスは、幅の広いヒステリシスと長いデグリッチ時間付きの入力UVLOを備えており、ツイストペアケーブルの抵抗によるドロップを補償し、パワーオン/オフ状態時のグリッチフリー遷移を保証します。MAX5969A/MAX5969Bは、入力において最大100Vに耐えることができます。

MAX5969A/MAX5969Bは、IEEE 802.3at規格に規定された2イベント分類方式に対応し、タイプ2電源機器(PSE)によるプローブ時に示す信号を提供します。このデバイスは、ACアダプタの電源接続の存在を検出して、PoE電源からACアダプタへのスムーズな切替えを可能にします。

MAX5969A/MAX5969Bはパワーグッド(PG)信号、2段階の電流制限およびフォールドバック、温度過昇保護、およびdi/dt制限も提供します。

MAX5969A/MAX5969Bは、省スペースの3mm x 3mmの10ピンTDFNパワーパッケージで提供されます。これらのデバイスは-40℃~+85℃の拡張温度範囲で動作します。

主な機能

  • IEEE 802.3af/at準拠
  • 2イベント分類
  • ACアダプタインタフェースを簡素化
  • PoEクラス0~5
  • 入力の絶対最大定格:100V
  • 突入電流制限:180mA (max)
  • 通常動作時の電流制限:720mA~880mA
  • 電流制限機能およびフォールドバック
  • レガシーUVLO (36V時) (MAX5969A)
  • IEEE 802.3af/at準拠、40VのUVLO (MAX5969B)
  • 温度過昇保護
  • 放熱特性を高めた3mm x 3mmの10ピンTDFN

アプリケーション/用途

  • IEEE 802.3af/at受電機器
  • IP電話、ワイヤレスアクセスノード、IPセキュリティカメラ
  • WiMAX基地局
Parametric specs for Powered Devices
Compliance IEEE 802.3af
IEEE 802.3at
RDS(ON) (Ω) (PD MOSFET) 0.5
PWM No
UVLO Threshold (V) 38.6
Package/Pins TDFN/10
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Budgetary
Price (See Notes)
$2.00 @1k

簡略化されたブロック図

MAX5969A、MAX5969B:標準アプリケーション回路 MAX5969A、MAX5969B:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

MAX5969Bの評価キット(EVキット)は、IEEE® 802.3af/at準拠Power-over-Ethernet (PoE)システム用のイーサネットポート、ネットワーク受電機器(PD)インタフェースコントローラ回路を備えた完全実装および試験済み表面実装回路基板です。このEVキットは、10ピンTDFNパッケージのIEEE 802.3af/at準拠ネットワークPDインタフェースコントローラICのMAX5969Bを備えています。MAX5969Bは、IP電話、ワイヤレスアクセスノード、およびセキュリティカメラなどのPD用のイーサネットネットワークポートからのDC電力を必要とするPoEアプリケーションに使用されます。

このEVキットは、IEEE 802.3af/at準拠の電源機器(PSE)からの電力を受け取ります。PSEコントローラについては、MAX5965およびMAX5971 ICのデータシートを参照してください。PSEは、シールドなしツイストペアイーサネットネットワークケーブル上で必要な-30V~-57VのDC電力をこのEVキットのRJ45磁気ジャックに供給します。このEVキットは、1 x 1GbE RJ45磁気ジャック、およびエンドスパンまたはミッドスパンイーサネットシステムによって供給されるDC電力を分離するための2つのダイオードブリッジを備えています。

このEVキットは、ACアダプタ電源によっても給電することができます。このEVキットは、ACアダプタ電源の出力を受け付けるPCBパッドを用意しています。検出されたACアダプタ電源は、常にPSE電源よりも優先されるため、このEVキットに給電することができます。

このEVキットは、PD検出シグネチャ、PD分類シグネチャ、突入電流制御、および入力低電圧ロックアウト(UVLO)など、このICの全機能を検証します。また、このEVキットは、イーサネットデータ信号とのみインタフェースするRJ45モジュールジャックも備えています。

このEVキットは、電流モードPWMコントローラのMAX15000Aを使用するガルバニック絶縁22.7W、600kHzスイッチング周波数フライバックDC-DCコンバータも備えています。このICの出力は、このコンバータ回路に電力を供給します。DC-DCコンバータは、+12V出力電圧に設定され、最大1.9Aまで供給します。シングルトランジスタフライバックDC-DCコンバータトポロジを使用して、最大89%の高効率が実現されます。表面実装トランスは、出力用の最大+1500Vガルバニック絶縁を提供します。UVLO、ソフトスタート、およびサーマルシャットダウンによって、堅牢な22.7Wの絶縁電源が提供されます。DC-DCコンバータは、600kHzで動作し、小型の磁性および出力コンデンサの使用が可能になります。このEVキットは、IC置換(U1)後にMAX5969Aも評価することができます。

詳細を見る

特長

  • IEEE 802.3af/at準拠PDインタフェース回路
  • 入力範囲:-30V~-57V
  • 絶縁+12V/22.7WフライバックDC-DCコンバータを検証
  • PD検出および設定可能な分類シグネチャ
  • 2イベント分類またはACアダプタ検出出力
  • パワーグッドインジケータ出力
  • 突入電流制限:180mA (max)
  • エンドスパンおよびミッドスパンイーサネットシステムを評価
  • 10ピンTDFNパッケージのMAX5969B/MAX5969Aを評価
  • AC電源アダプタインタフェースを簡素化
  • 完全実装および試験済み

説明

MAX5969Aの評価キット(EVキット)は、IEEE 802.3af/at準拠のネットワーク受電機器(PD)用インタフェースコントローラのMAX5969Aと、誘導性フィードバック、スペクトラム拡散、電流モードPWMコントローラのMAX5974Aを搭載する完全実装および試験済み表面実装型回路基板です。このEVキットは、PoE (Power over Ethernet)アプリケーションで使用されるクラス3 (クラス4にスケール可能) PD向けの高性能、小型、コスト効率に優れたソリューションとして設計されています。
このEVキットは、PD検出シグネチャ、PD分類シグネチャ、突入電流制御、および入力低電圧ロックアウト(UVLO)など、MAX5969Aの全機能を検証します。また、このEVキットは、誘導フィードバック、電流モードPWMコントローラのMAX5974Aを使用し、絶縁型12W、300kHzスイッチング周波数、同期整流フライバックDC-DCコンバータトポロジを特長とします。このEVキットの回路は、+12Vの出力電圧用に構成され、一次側レギュレーションを使用して、最大1Aの負荷電流を供給します。表面実装トランスは、出力に対し最大+1500Vのガルバニック絶縁を提供します。
このEVキットは、IEEE® 802.3af/at準拠の給電機器(PSE)からの電力を受け取ります。PSEは、シールドなしツイストペアのイーサネットネットワークケーブル上で必要な-36V~-57VのDC電力をこのEVキットのRJ45マグネティックジャックに供給します。このEVキットは、1 x 1GbイーサネットRJ45マグネティックジャック、およびエンドスパンまたはミッドスパンイーサネットシステムによって供給されるDC電力を分離するための2つのフルブリッジダイオードを備えています。
このEVキットの回路は、WAD_INとWAD_GND PCBパッド間に印加された+36V~+57VのACアダプタ電源によって給電することもできます。検出されたACアダプタ電源は、常にPSE電源よりも優先されるため、このEVキットに給電することができます。
警告:このEVキットは高電圧で動作するように設計されています。このEVキットとこれに接続される機器には危険電圧が存在します。このEVキットに電源投入するか、またはこれに接続されるソースに電源供給を行うユーザーは、高電圧電気機器の取扱いに適した安全手順に注意して従う必要があります。
重大な障害状態や故障状態の場合は、このEVキットは大量の電力を損失する場合があります。その結果、構成部品または構成部品の破片が高速で機械的に排出されるおそれがあります。人体への傷害のおそれを回避するため、このキットを注意して取り扱ってください。

詳細を見る

特長

  • IEEE 802.3af/at準拠PDインタフェース回路
  • 起動時の電圧入力範囲:-36V~-57V
  • 効率:92% (typ)
  • 絶縁型12WフライバックDC-DCコンバータを検証
  • 絶縁型+12V、1A出力
  • スイッチング周波数:300kHz
  • フォトカプラフィードバック動作用に設定可能
  • 12Vクラス4 PDにスケール可能
  • PD検出および設定可能な分類シグネチャ
  • 2イベント分類またはACアダプタ検出出力
  • 突入電流制限:135mA (typ)
  • UVLO内蔵:-35.6V (typ)
  • エンドスパンおよびミッドスパンイーサネットシステムを評価
  • ACアダプタインタフェースを簡素化
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

主な機能

  • IEEE 802.3af/at準拠
  • 2イベント分類
  • ACアダプタインタフェースを簡素化
  • PoEクラス0~5
  • 入力の絶対最大定格:100V
  • 突入電流制限:180mA (max)
  • 通常動作時の電流制限:720mA~880mA
  • 電流制限機能およびフォールドバック
  • レガシーUVLO (36V時) (MAX5969A)
  • IEEE 802.3af/at準拠、40VのUVLO (MAX5969B)
  • 温度過昇保護
  • 放熱特性を高めた3mm x 3mmの10ピンTDFN

アプリケーション/用途

  • IEEE 802.3af/at受電機器
  • IP電話、ワイヤレスアクセスノード、IPセキュリティカメラ
  • WiMAX基地局

説明

MAX5969A/MAX5969Bは、Power over Ethernet (PoE)システムにおけるIEEE® 802.3af/at規格に準拠する受電機器(PD)用の完全なインタフェースを提供します。MAX5969A/MAX5969Bは、検出シグネチャ、分類シグネチャ、および突入電流制御を備えた内蔵アイソレーションパワースイッチをPDに提供します。突入期間の間、MAX5969A/MAX5969Bは、アイソレーションパワーMOSFETが完全にエンハンスされたときに720mA~880mAのより高い電流制限に切り替える前に、電流を180mA以下に制限します。このデバイスは、幅の広いヒステリシスと長いデグリッチ時間付きの入力UVLOを備えており、ツイストペアケーブルの抵抗によるドロップを補償し、パワーオン/オフ状態時のグリッチフリー遷移を保証します。MAX5969A/MAX5969Bは、入力において最大100Vに耐えることができます。

MAX5969A/MAX5969Bは、IEEE 802.3at規格に規定された2イベント分類方式に対応し、タイプ2電源機器(PSE)によるプローブ時に示す信号を提供します。このデバイスは、ACアダプタの電源接続の存在を検出して、PoE電源からACアダプタへのスムーズな切替えを可能にします。

MAX5969A/MAX5969Bはパワーグッド(PG)信号、2段階の電流制限およびフォールドバック、温度過昇保護、およびdi/dt制限も提供します。

MAX5969A/MAX5969Bは、省スペースの3mm x 3mmの10ピンTDFNパワーパッケージで提供されます。これらのデバイスは-40℃~+85℃の拡張温度範囲で動作します。

簡略化されたブロック図

MAX5969A、MAX5969B:標準アプリケーション回路 MAX5969A、MAX5969B:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。