先頭に戻る

MAX5969AおよびMAX5974Aの評価キット

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX5969AおよびMAX5974Aの評価キット Nov 04, 2011

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • IEEE 802.3af/at準拠PDインタフェース回路
  • 起動時の電圧入力範囲:-36V~-57V
  • 効率:92% (typ)
  • 絶縁型12WフライバックDC-DCコンバータを検証
  • 絶縁型+12V、1A出力
  • スイッチング周波数:300kHz
  • フォトカプラフィードバック動作用に設定可能
  • 12Vクラス4 PDにスケール可能
  • PD検出および設定可能な分類シグネチャ
  • 2イベント分類またはACアダプタ検出出力
  • 突入電流制限:135mA (typ)
  • UVLO内蔵:-35.6V (typ)
  • エンドスパンおよびミッドスパンイーサネットシステムを評価
  • ACアダプタインタフェースを簡素化
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • IEEE 802.3af/at受電機器
  • IP電話、ワイヤレスアクセスノード、IPセキュリティカメラ
  • WiMAX基地局

説明

MAX5969Aの評価キット(EVキット)は、IEEE 802.3af/at準拠のネットワーク受電機器(PD)用インタフェースコントローラのMAX5969Aと、誘導性フィードバック、スペクトラム拡散、電流モードPWMコントローラのMAX5974Aを搭載する完全実装および試験済み表面実装型回路基板です。このEVキットは、PoE (Power over Ethernet)アプリケーションで使用されるクラス3 (クラス4にスケール可能) PD向けの高性能、小型、コスト効率に優れたソリューションとして設計されています。

このEVキットは、PD検出シグネチャ、PD分類シグネチャ、突入電流制御、および入力低電圧ロックアウト(UVLO)など、MAX5969Aの全機能を検証します。また、このEVキットは、誘導フィードバック、電流モードPWMコントローラのMAX5974Aを使用し、絶縁型12W、300kHzスイッチング周波数、同期整流フライバックDC-DCコンバータトポロジを特長とします。このEVキットの回路は、+12Vの出力電圧用に構成され、一次側レギュレーションを使用して、最大1Aの負荷電流を供給します。表面実装トランスは、出力に対し最大+1500Vのガルバニック絶縁を提供します。

このEVキットは、IEEE® 802.3af/at準拠の給電機器(PSE)からの電力を受け取ります。PSEは、シールドなしツイストペアのイーサネットネットワークケーブル上で必要な-36V~-57VのDC電力をこのEVキットのRJ45マグネティックジャックに供給します。このEVキットは、1 x 1GbイーサネットRJ45マグネティックジャック、およびエンドスパンまたはミッドスパンイーサネットシステムによって供給されるDC電力を分離するための2つのフルブリッジダイオードを備えています。

このEVキットの回路は、WAD_INとWAD_GND PCBパッド間に印加された+36V~+57VのACアダプタ電源によって給電することもできます。検出されたACアダプタ電源は、常にPSE電源よりも優先されるため、このEVキットに給電することができます。

警告:このEVキットは高電圧で動作するように設計されています。このEVキットとこれに接続される機器には危険電圧が存在します。このEVキットに電源投入するか、またはこれに接続されるソースに電源供給を行うユーザーは、高電圧電気機器の取扱いに適した安全手順に注意して従う必要があります。

重大な障害状態や故障状態の場合は、このEVキットは大量の電力を損失する場合があります。その結果、構成部品または構成部品の破片が高速で機械的に排出されるおそれがあります。人体への傷害のおそれを回避するため、このキットを注意して取り扱ってください。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX5969AおよびMAX5974Aの評価キット Nov 04, 2011

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。