先頭に戻る

Power over LAN用クワッドネットワークパワーコントローラ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • IEEE 802.3af準拠
  • エンドポイントまたはミッドスパンPSEアプリケーションで4個の独立した-48V給電のイーサネットポートを制御
  • 広いディジタル電源入力、VDIG、およびコモンモード範囲:VEE~(AGND + 7.7V)
  • クラス電流保護のPD違反
  • PD検出および分類
  • DCおよびACの負荷除去検出を装備
  • I²C対応、3線式シリアルインタフェース
  • I²Cインタフェースを通じて完全な設定および構成動作が可能
  • 電流フォールドバックおよびデューティサイクル制御のプログラマブル電流制限
  • 高速ゲートプルダウンによる短絡保護
  • 直接高速シャットダウン制御機能
  • 設定可能な直接割込み出力
  • ウォッチドッグモードによって円滑なハードウェアへの引継ぎを実現

アプリケーション/用途

  • ミッドスパンパワーインジェクタ
  • Power over LAN/Power over Ethernet
  • 給電機器(PSE)
  • スイッチ/ルータ

説明

MAX5945はクワッドネットワークパワーコントローラで、IEEE® 802.3af準拠の給電側機器(PSE)で使用するために設計されています。このデバイスは、受電側機器(PD)の検出、分類、電流制限、およびDCとAC両方の負荷切断検出を行います。MAX5945をエンドポイントPSE (LANスイッチ/ルータ)またはミッドスパンPSE (パワーインジェクタ)アプリケーションのいずれかで使用することができます。

MAX5945は自立的に動作するか、またはI²C対応のインタフェースを通じてソフトウェアで制御することができます。入力/出力データライン(SDAINおよびSDAOUT)が独立しているため、フォトカプラを使用することができます。MAX5945はスレーブデバイスです。4個のアドレス入力を使って、16個の一意のMAX5945アドレスが可能です。独立したアクティブローINT出力と4個の個別シャットダウン入力(アクティブローSHD_)によって、障害からポートのシャットダウンまでの応答が高速化されます。アクティブローRESET入力を使って、デバイスのハードウェアをリセットすることができます。独自のウォッチドッグ機能によって、ソフトウェアがクラッシュした場合に円滑にハードウェアに制御が渡されます。Cadenceタイミング機能によって、MAX5945をミッドスパンシステムで使用可能です。

MAX5945は、ソフトウェアのみで構成および設定が可能です。クラス過電流検出機能によって、PDがそのクラスの許容量を超える電流を消費するかどうかをシステム電源管理で検出することができます。その他の機能として、入力低/過電圧ロックアウト、過熱保護、起動時の出力電圧スルーレート制限、パワーグッド、および障害ステータスがあります。MAX5945では、ゲート充電電流、電流制限スレッショルド、起動タイムアウト、過電流タイムアウト、自動再起動デューティサイクル、PD切断AC検出スレッショルド、およびPD切断検出タイムアウトを設定することができます。

MAX5945は36ピンSSOPパッケージで提供され、拡張温度範囲(-40℃~+85℃)および民生用温度範囲(0℃~+70℃)が定格です。

簡易ブロック図

MAX5945:標準動作回路 MAX5945:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。