先頭に戻る

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX5941Bの評価キット Jul 13, 2006

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • IEEE 802.3af準拠のPDインタフェース回路
  • PD検出およびプログラマブルな分類シグネチャ
  • プログラマブルな突入電流制限
  • プログラマブルなUVLO
  • 絶縁型13.2WフォワードDC-DCコンバータ
  • 入力電圧範囲:-36V~-60V
  • 絶縁出力:+3.3V (4A)
  • エンドスパンおよびミッドスパンEthernetシステムから電源供給
  • 外付けDC-DCコンバータ用-48V電源インタフェース
  • ローカル電源入力(ACアダプタ)
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • コンピュータテレフォニ
  • インターネット機器
  • IP電話
  • Power over Ethernet/Power over MDIの受電機器
  • セキュリティカメラ
  • 無線アクセスノード

説明

MAX5941Bの評価キット(EVキット)は、Ethernetポート、-48Vシステム用のネットワーク受電側機器(PD)インタフェース、およびDC-DC PWMコントローラ回路を装備した完全実装および試験済み表面実装回路ボードです。MAX5941Bは、IP電話、ワイヤレスアクセスノード、およびセキュリティカメラなどのPD用に、EthernetネットワークポートからのDC-DC、固定周波数、絶縁電源を必要とするPower over LANアプリケーションで使用されます。

MAX5941BのEVキットは、IEEE® 802.3af準拠の給電側機器(PSE)から電源供給されます。PSEコントローラについては、MAX5922およびMAX5935のデータシートを参照してください。PSEは、非シールドツイストペアEthernetネットワークケーブルによって必要な-44V~-57VのDC電源をEVキットに供給します。このEVキットは、エンドスパン/エンドポイントやミッドスパンのEthernetシステムから供給されるDC電源を分離するための10/100BASE-TX Voice over IP (VoIP)磁性モジュールと独立したダイオードブリッジを備えています。

MAX5941BのEVキットは、PDインタフェースとDC-DC PWM機能を検証します。また、このEVキットは、MAX5941Bの全機能も検証します。PD検出シグネチャ、設定可能なPD分類シグネチャ、プログラマブルな突入電流と低電圧ロックアウト(UVLO)などの機能を評価することができます。これらの全機能はEVキット上で設定可能です。

また、MAX5941BのEVキットは、電気的に絶縁された13.2W、275kHzスイッチング周波数のDC-DCコンバータも装備しています。このコンバータはICのMAX5941Bの電流モードPWMコントローラ部を採用しています。フォワードDC-DCコンバータ回路の電源はMAX5941Bの-48V出力、またはACアダプタなどのローカルな入力DC電源から供給されます。DC-DCコンバータは+3.3Vの出力電圧に設定され、最大4Aを供給します。(最高85%の)高効率を、1次側の単一トランジスタのフォワードDC-DCコンバータトポロジと2次側の同期整流器によって達成しています。表面実装トランスは、出力に最大1500VRMSのガルバニック絶縁を提供します。UVLO、ソフトスタート、および電流制限によって、信頼性の高い13.2Wの絶縁電源が供給されます。

警告:MAX5941BのEVキットは高電圧で動作するように設計されています。このEVキットとこれに接続される機器には危険電圧が存在します。このEVキットに電源投入したり、あるいはこれに接続されるソースに電源供給を行うユーザは、高電圧電気機器の取扱いに適した安全手順に従う必要があります。

重大な障害状態や故障状態の場合は、このEVキットは大量の電力を消費する場合があります。その結果、構成部品または構成部品の破片が高速で機械的に排出されるおそれがあります。人体への傷害のおそれを回避するため、このEVキットを注意して取り扱ってください。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX5941Bの評価キット Jul 13, 2006

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。