先頭に戻る

低自己消費電流リニアレギュレータモード付き、40V、600mAバックコンバータ

業界初、低IQ LDOモード付き、車載バックコンバータ、4Vコールドクランクから40V入力にシームレスに動作

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 4
VIN (V) (max) 40
VOUT1 (V) (min) 1.25
VOUT1 (V) (max) 11
IOUT1 (A) (max) 0.6
Switch Type Internal
Preset VOUT (V) 5
Output Adjust. Method Preset
Resistor
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 330
Package/Pins TQFN/16
TSSOP/20
Budgetary
Price (See Notes)
3.56
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Step-Down Switching Regulators
VIN (V) (min) 4
VIN (V) (max) 40
VOUT1 (V) (min) 1.25
VOUT1 (V) (max) 11
IOUT1 (A) (max) 0.6
Switch Type Internal
Preset VOUT (V) 5
Output Adjust. Method Preset
Resistor
# DC-DC Outputs 1
Switching Frequency (kHz) 330
Package/Pins TQFN/16
TSSOP/20
Budgetary
Price (See Notes)
3.56

主な特長

  • 高効率のスイッチャモード(バックモード)または低自己消費電流のリニアレギュレータ(LDOモード)動作
  • 広い動作入力電圧範囲
    • +5V~+40Vのバックモード
    • +4V~+40VのLDOモード
  • 電圧バージョン:固定(3.3Vまたは5V)および可変(1.24V~11V)出力
  • シャットダウン電流:6µA (typ)
  • 固定スイッチング周波数:135kHzまたは330kHz
  • 外部周波数同期
  • 可変ソフトスタート
  • 可変タイムアウト期間付きマイクロプロセッサリセット(アクティブローRESET)回路内蔵
  • 熱および短絡保護
  • 自動車用温度範囲:-40℃~+125℃
  • 放熱特性を高めたパッケージの消費電力
    • 2.6W (TA = +70℃の場合) (16ピンTQFN)
    • 1.7W (TA = +70℃の場合) (20ピンTSSOP)

アプリケーション/用途

  • ホームセキュリティ/安全性

説明

MAX5096/MAX5097は使いやすいDual Mode™、DC-DCコンバータで、LDO (低ドロップアウト)またはスイッチモードバック(降圧)コンバータとして動作します。重い出力負荷では、これらのコンバータは高効率のパルス幅変調(PWM)のスイッチモードコンバータとして動作し、電力損失を低減します。これらのデバイスは、軽負荷では低自己消費電流(IQ)のLDO動作モードに切り替わります。キーオフ状態では、システムのマイクロコントローラは、LDO/アクティブローBUCK入力を直ぐに駆動し、MAX5096/MAX5097をLDOモードに強制するため、自己消費電流を大幅に低減します。

バック(降圧)モードでは、MAX5096/MAX5097は5V~40Vの入力電圧範囲で動作し、優れた負荷レギュレーションおよびラインレギュレーションで最大600mAの負荷電流を供給します。135kHzおよび330kHzの固定スイッチング周波数バージョンが利用可能です。MAX5096/MAX5097のDC-DC内蔵発振器を外部クロックと同期させることができます。外部補償および電流モード制御方式によって、設計が容易になります。

LDOモードでは、MAX5096/MAX5097は4V~40Vの入力電圧で動作します。LDOモード動作は、最大100mAの低出力負荷電流用です。LDOモードにおける100µA負荷での自己消費電流はわずか41µA (typ)です。

MAX5096/MAX5097はデバイスをシャットダウンするイネーブル入力を備え、消費電流を6µA (typ)まで低減します。その他の機能として、コンデンサで調整可能なタイムアウト期間付きのパワーオンリセット出力、プログラマブルなソフトスタート、出力トラッキング、出力過負荷、および短絡およびサーマルシャットダウン保護などがあります。

MAX5096/MAX5097は-40℃~+125℃の自動車用温度範囲で動作し、放熱特性を高めた20ピンTSSOPまたは16ピンTQFNパッケージで提供されます。

簡易ブロック図

MAX5096、MAX5097:簡易ダイアグラム MAX5096、MAX5097:簡易ダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。